スピーシーズ3 ネタバレ

公開日: 02.09.2020

みんなの感想 ライターの感想 耽美な雰囲気満載のSFホラー映画です。ラストのエイリアン同士の交わりは完全な怪物の姿をしているにも関わらず、耽美さが溢れ出ていました。ですので怖いというより妖しい映画だと思います。. 大学生のディーン(ロビン・ダン)は小型化した核融合炉の研究に参加しており、見学に来た人達にトカマク機関と名付けたその核融合炉の説明を行っていました。 彼はその後、アボットの講義を受け、「ウィルスは多種に寄生しなければ生存できない貧弱種」と批判してアボット信者から「スピーシスト(他種を認めないファシスト)的なレッテルを貼られます。 更に学部長のターナー(クリストファー・ニーム)から、「どの分野の研究も成果が出てない」とお叱りを受け、研究資金と奨学金の打ち切りを宣告されて散々でした。. やはり貪欲だったサラは「私を見て」とターナーを誘惑しますが、彼がハッスルして服を脱ぎ出すと何かに気付いたのか「帰れ!」と冷たく追い返そうとしました。 しかしターナーは「お前から誘っておいてなんだ!けしからん」と無理矢理キスしてサラの怒りを買い、目を青白く光らせてツリ目の爬虫類顔で触手のドレッドヘアーというお馴染みのエイリアンに変身した彼女に脳天に触手を二本刺されてしまい、ターナーはお亡くなりになりました。 デザイン変わってますね。 ターナーファンの人には残念ですが、彼は退場です。思えばお金に細かい人生でした。 そしてサラはお着換えして逃亡してしまいました。.

軍の人はアリシアの正体を知っていたので、ディーンは仕方なく、彼等が生き残りをかけて新種を造ろうとしていると説明し、「予算無いから、協力してね」と言われ、選択肢の無い彼は同意するしかありませんでした。 マドセンがジャブジャブ予算使ったみたいです。 仕方なくディーンはアボットの研究室の件を話し、アリシアはそこに向かった筈だと知らせました。 一方、アリシアは友人を研究室に押し込み、脚に金属棒を刺して「あくしろよ!」と拷問しつつ、研究をさせており、サラもその様子を見ていました。 しかし友人はそもそも研究に携わっていないので、サクサク進む筈も無く、弱っている彼の姿を見るのが嫌になったのか、サラは出て行こうとするのですが、肌が崩れ始めているアリシアは「あなたが必要なの」と懇願します。.

アボットは大学から得た予算の一部をサラの研究費に充てようとしていたのですが、ターナーから使用目的を追及されていました。 そして大学の彼の個室にはサラを拉致したトラックに乗っていた少年クリーチャーがおっさんに成長して訪問して来ました。 彼は皮膚に発疹が出来て爛れ、喉の痛みと腹部の出血に悩まされており、アボットが調べた所、エイリアンと地球人の混合種である彼等は非常に抵抗力が低く、花粉アレルギーのようなものでした。 その後、彼は全身が溶けて耳がポロリと落ち、内臓替わりに腹部から触手をデロンと出して死亡しました。 彼等は純血に近い種であるサラの居所を探っているようでした。 サラはサラだけにサラブレッドなんですね。. サラ達は年位生きるそうです。 今後どうなるか不明ですが、これ、ディーンの成長物語でもあったようです。 彼はこれで「スピーシスト」では無いことを証明したようです。 若干、モヤッとしましたが、ハッピーエンド?だと思います。 病院でディーンが明るかった謎が解けました。 だって、自分を助けたサラのことを思い出して葛藤する筈だと思われ、意外とあっさりしていた理由はこれでした。.

そしてディーン達は少年が成長したので、リュックを背負って旅立つ二人を見送りました。 ディーンは溶鉱炉でなぜ自分を助けたのかサラに尋ね、「今に分かる」と返答されました。 小さくなって行く二人の背中を見送りながら、ディーンは男の生殖能力は奪ってあると種明かししました。 友人は「あいつら怒るんじゃ?」と言うのですが、ディーンは「どうかな」と答え、朝食を採ることにしました。. ディーンはガスで弱り、レイプされそうになっている爬虫類サラを見て居ても立っても居られず、飛び込んで爬虫類男を止めようとします。 やられまくるディーンを見てアボットも援護に飛び込み、サンダーで男の背中に斬りつけ、「サラを連れて逃げろ!」とディーンに怒鳴りました。 ディーンは人間体に戻ったサラをお姫様抱っこで部屋の外に出しますが、アボットは男の触手に胸を貫かれて重症を負い、男はガスで倒れました。 アボットは「今後も混合種は来るだろう、君の手で新種を造れ」と告げて息絶えました。 最後のアボットの行動はディーンを守るためもあったのでしょうが、何となくディーンに言っていた事は自分にも言い聞かせていたのかなあとも感じました。.

TV. Akismet !

ひきこさんの惨劇 のネタバレあらすじ.
  • これは普通です。SFホラーとはしてますが、怖さは余り無いです。 お話は相変わらずの繁殖系でとんでもないゴリゴリの話なのですが、二作目が雑な印象だったので、こっちの方が面白いです。 今までの話と若干異なるのが、エイリアン女性がヒロイン寄りになってる点でしょうか? エイリアン役には安定のブロンド美女を据えているのですが、なんか弱弱しい感じです。 はっきりと覚えてませんが、エイリアンは女性タイプでも男性タイプと割といい勝負してた記憶があるのですが、サラはやられまくりです。 性格も大人しいというか、問答無用で相手を殺すようなことはしないです。 中の人もシルやイブの方がやっぱ強そうですよね。. パトリックが目を覚ますと、隣で一人の女性が死んでいました。側には見知らぬ少年もいます。 パトリックはショットガンを手にし、銃口を自らの口に向けました。そこへデニスがやってきます。デニスはパトリックの頭がはじけ飛ぶ様を目撃しました。 唖然とするデニスでしたが、吹き飛んだはずの頭が再生するのを見て逃げ出します。デニスは見たままの情報をプレスとローラに伝えました。 完全にエイリアンと化したパトリックは女性に次々と声をかけ、子供を増やしていきます。エイリアンの子供の成長スピードは凄まじく、見る見るうちに少年少女へと成長していきました。 事態を重く見た軍はテレパシー能力を持つイヴに協力を頼みます。イヴは強力なテレパシーを発して、パトリックの居所を探り始めました。イブの情報をもとに、プレスとデニスがパトリックを追い詰めるため動き出します。 パトリックはイヴの存在に感づきました。彼は追いかけてくるプレスたちには目も向けず、研究所へと走り出します。 パトリックが研究所に近づくにつれ、イヴの体に異変が生じ始めました。彼女の体は発情していたのです。それはパトリックも同じでした。 研究所にやってきたパトリックは脇目も振らず、イヴのもとへと向かいます。ガラスの檻に閉じ込められているイヴを見て、パトリックは解放しろと叫びました。 そこへプレスがやってきて、パトリックへ攻撃を仕掛けます。パトリックはイヴを気にしながらも研究所から走り去りました。.
  • 軍の人はアリシアの正体を知っていたので、ディーンは仕方なく、彼等が生き残りをかけて新種を造ろうとしていると説明し、「予算無いから、協力してね」と言われ、選択肢の無い彼は同意するしかありませんでした。 マドセンがジャブジャブ予算使ったみたいです。 仕方なくディーンはアボットの研究室の件を話し、アリシアはそこに向かった筈だと知らせました。 一方、アリシアは友人を研究室に押し込み、脚に金属棒を刺して「あくしろよ!」と拷問しつつ、研究をさせており、サラもその様子を見ていました。 しかし友人はそもそも研究に携わっていないので、サクサク進む筈も無く、弱っている彼の姿を見るのが嫌になったのか、サラは出て行こうとするのですが、肌が崩れ始めているアリシアは「あなたが必要なの」と懇願します。. 全体的に凄く丁寧に1作目からプロットしているようで、「ああ、こんなんあったな」と思い出させてくれます。 演出も悪くないと思いました。 くっさい人間ドラマ的なものが入ったりするのですが、意外に許せる感じで、登場人物の心境を考えたりさせられます。 それだけでもお腹一杯なのですが今回はもう一体、女性タイプエイリアンが用意されています。 これはちょっと蛇足だった気がしますね。 確かに軍の人が気づくトリガーにはなっているのですが、別トリガーでも良かったのでは? 行動的にサラと被る気がして、サラの最終的な決断のトリガーとしても弱いような気がしました。.

『スピーシーズ3 禁断の種』のスタッフ・キャスト

アリシアは塩化水素ガスで倒せるのですが、「サラはどうする?」と聞かれたディーンは複雑な心境でしたが、軍の人も自分で何もせず、「あくしろよ!」と彼を急かすのでした。 友人は何とかDNAの抽出に成功し、卵子に注入しようとしていたのですが、そこにガス弾が撃ち込まれたので、卵子を持ってスタコラと外に逃げ出し、ディーン達に救出されました。 アリシアはガスにやられて倒れますが、何とか起き上がり、サラと共にディーン達を追いました。. ディーンはガスで弱り、レイプされそうになっている爬虫類サラを見て居ても立っても居られず、飛び込んで爬虫類男を止めようとします。 やられまくるディーンを見てアボットも援護に飛び込み、サンダーで男の背中に斬りつけ、「サラを連れて逃げろ!」とディーンに怒鳴りました。 ディーンは人間体に戻ったサラをお姫様抱っこで部屋の外に出しますが、アボットは男の触手に胸を貫かれて重症を負い、男はガスで倒れました。 アボットは「今後も混合種は来るだろう、君の手で新種を造れ」と告げて息絶えました。 最後のアボットの行動はディーンを守るためもあったのでしょうが、何となくディーンに言っていた事は自分にも言い聞かせていたのかなあとも感じました。.

しかしそこでサラがアリシアに触手を打ち込み、彼女を炉に叩き落としました。 ディーンはそこで炉の蓋を閉めるのですが、アリシアは舌を伸ばしてサラを捕まえ、巻き添えに下に落としました。 こうして騒ぎは収まり、機関の操作はターナーのカードキーで行っていたので、軍の人は死亡したターナーに罪を擦り付け、融合炉の事故とTVで説明していました。 ディーンは入院しましたが、軽傷で済みました。. 演出と演技がきちんと一体化しており、エイリアン同士が反応するシーンは意外に面白かったです。 サラの人はちょっと可愛いエイリアンを体当たりで演じていました。 女優さんは脱ぎまくりですが、あまりHな感じはせず、崇高なものも感じてしまいました。 ちょっと軍の人は対応が雑でしたが、多分マドセンさんの所為ですね。 ディーンが主人公だったことにビックリで、友人が重要キャラで意外に優秀だった点も驚きました。.

アボットは大学から得た予算の一部をサラの研究費に充てようとしていたのですが、ターナーから使用目的を追及されていました。 そして大学の彼の個室にはサラを拉致したトラックに乗っていた少年クリーチャーがおっさんに成長して訪問して来ました。 彼は皮膚に発疹が出来て爛れ、喉の痛みと腹部の出血に悩まされており、アボットが調べた所、エイリアンと地球人の混合種である彼等は非常に抵抗力が低く、花粉アレルギーのようなものでした。 その後、彼は全身が溶けて耳がポロリと落ち、内臓替わりに腹部から触手をデロンと出して死亡しました。 彼等は純血に近い種であるサラの居所を探っているようでした。 サラはサラだけにサラブレッドなんですね。. 軍の人はアリシアの正体を知っていたので、ディーンは仕方なく、彼等が生き残りをかけて新種を造ろうとしていると説明し、「予算無いから、協力してね」と言われ、選択肢の無い彼は同意するしかありませんでした。 マドセンがジャブジャブ予算使ったみたいです。 仕方なくディーンはアボットの研究室の件を話し、アリシアはそこに向かった筈だと知らせました。 一方、アリシアは友人を研究室に押し込み、脚に金属棒を刺して「あくしろよ!」と拷問しつつ、研究をさせており、サラもその様子を見ていました。 しかし友人はそもそも研究に携わっていないので、サクサク進む筈も無く、弱っている彼の姿を見るのが嫌になったのか、サラは出て行こうとするのですが、肌が崩れ始めているアリシアは「あなたが必要なの」と懇願します。.

前作で殺傷されたイブ(ナターシャ・ヘンストリッジ)でしたが、運転手に成りすましたアボット(ロバート・ネッパー)が彼女の遺体を盗もうとしていました。 しかしイブは生きており、更に荷台には子供のクリーチャーが乗り込んでいて彼女を抹殺しましたが、イブは死ぬ前にパトリックとの赤ちゃんを出産しました。 アボットは赤ちゃんを攫って逃走し、直後に軍が駆けつけて輸送車は処理されました。 子供クリーチャーも逃走した模様です。.

DNA DNA. DNA CA. 2 2?

スピーシーズ 種の起源のあらすじネタバレ

映画の感想を投稿する コメントをキャンセル 名前. 前作で殺傷されたイブ(ナターシャ・ヘンストリッジ)でしたが、運転手に成りすましたアボット(ロバート・ネッパー)が彼女の遺体を盗もうとしていました。 しかしイブは生きており、更に荷台には子供のクリーチャーが乗り込んでいて彼女を抹殺しましたが、イブは死ぬ前にパトリックとの赤ちゃんを出産しました。 アボットは赤ちゃんを攫って逃走し、直後に軍が駆けつけて輸送車は処理されました。 子供クリーチャーも逃走した模様です。. 家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています のネタバレあらすじ. 前作で殺傷されたイブ(ナターシャ・ヘンストリッジ)でしたが、運転手に成りすましたアボット(ロバート・ネッパー)が彼女の遺体を盗もうとしていました。 しかしイブは生きており、更に荷台には子供のクリーチャーが乗り込んでいて彼女を抹殺しましたが、イブは死ぬ前にパトリックとの赤ちゃんを出産しました。 アボットは赤ちゃんを攫って逃走し、直後に軍が駆けつけて輸送車は処理されました。 子供クリーチャーも逃走した模様です。.

DNA. SF. DNA .

スピーシーズ2のネタバレあらすじ

パトリックが目を覚ますと、隣で一人の女性が死んでいました。側には見知らぬ少年もいます。 パトリックはショットガンを手にし、銃口を自らの口に向けました。そこへデニスがやってきます。デニスはパトリックの頭がはじけ飛ぶ様を目撃しました。 唖然とするデニスでしたが、吹き飛んだはずの頭が再生するのを見て逃げ出します。デニスは見たままの情報をプレスとローラに伝えました。 完全にエイリアンと化したパトリックは女性に次々と声をかけ、子供を増やしていきます。エイリアンの子供の成長スピードは凄まじく、見る見るうちに少年少女へと成長していきました。 事態を重く見た軍はテレパシー能力を持つイヴに協力を頼みます。イヴは強力なテレパシーを発して、パトリックの居所を探り始めました。イブの情報をもとに、プレスとデニスがパトリックを追い詰めるため動き出します。 パトリックはイヴの存在に感づきました。彼は追いかけてくるプレスたちには目も向けず、研究所へと走り出します。 パトリックが研究所に近づくにつれ、イヴの体に異変が生じ始めました。彼女の体は発情していたのです。それはパトリックも同じでした。 研究所にやってきたパトリックは脇目も振らず、イヴのもとへと向かいます。ガラスの檻に閉じ込められているイヴを見て、パトリックは解放しろと叫びました。 そこへプレスがやってきて、パトリックへ攻撃を仕掛けます。パトリックはイヴを気にしながらも研究所から走り去りました。.

全体的に凄く丁寧に1作目からプロットしているようで、「ああ、こんなんあったな」と思い出させてくれます。 演出も悪くないと思いました。 くっさい人間ドラマ的なものが入ったりするのですが、意外に許せる感じで、登場人物の心境を考えたりさせられます。 それだけでもお腹一杯なのですが今回はもう一体、女性タイプエイリアンが用意されています。 これはちょっと蛇足だった気がしますね。 確かに軍の人が気づくトリガーにはなっているのですが、別トリガーでも良かったのでは? 行動的にサラと被る気がして、サラの最終的な決断のトリガーとしても弱いような気がしました。. このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。 コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください 。. サラ達は年位生きるそうです。 今後どうなるか不明ですが、これ、ディーンの成長物語でもあったようです。 彼はこれで「スピーシスト」では無いことを証明したようです。 若干、モヤッとしましたが、ハッピーエンド?だと思います。 病院でディーンが明るかった謎が解けました。 だって、自分を助けたサラのことを思い出して葛藤する筈だと思われ、意外とあっさりしていた理由はこれでした。.

友人は怖くなって「あれは全部ジョークだったんだHAHAHA!」と誤魔化すのですが、通用せず、標本はどこだと詰め寄られます。 そこにディーンが帰宅したのですが、ドアを隙間からアリシアを確認した彼は回れ右してとんずらします。 しかしバレバレだったようで、ディーンの代わりに女生徒が彼女に攻撃されて死亡しました。 そこでアリシアはサラの存在に気付き、外のベンチで腰掛けている彼女の下に向かい、サラもアリシアのことを検知したようでした。 アリシアは友人を人質にして車で去り、途方に暮れていたディーンの前に軍の人が現れました。.

DNA. DNA DNA. LOVEHOTELPLAN .

Facebookのご案内

ディーンを連れて帰宅したアボットは繭を見て「あいつ成熟しよった…」と驚き、ターナーの遺体を見て「あいつやらかしよった」と二度ビックリで、事態を把握してないディーンは更にビックリです。 ディーンは警察に通報しようとしますが、アボットは「お前が疑われるだけだぞ」と指摘され、断念します。 ここでアボットの目的はサラの混合種から抽出した純粋なDNAとサラの卵子を用いて「ぼくが考えたすごいエイリアン」を造りだすことだと判明しました。 ディーンは共同研究にするという条件でアボットの協力者となることにしました。. イブの人もしっかり出演してくれていて律儀だなあと感じました。 この人はいつも私の中でなぜかクリスタナ・ローケンさんと被るのですが、今回明確に見分ける方法を編み出しました。 ブラッドレインを降板するのがローケンさんで、スピーシーズに出てくれるのがヘンストリッジさんですね。 サイボーグがローケンさんで、エイリアンがヘンストリッジさんです。 何だかんだ言ってボルさんの映画に出るのがローケンさんで、カーペンターさんの映画に出るのがヘンストリッジさんです。.

これは普通です。SFホラーとはしてますが、怖さは余り無いです。 お話は相変わらずの繁殖系でとんでもないゴリゴリの話なのですが、二作目が雑な印象だったので、こっちの方が面白いです。 今までの話と若干異なるのが、エイリアン女性がヒロイン寄りになってる点でしょうか? エイリアン役には安定のブロンド美女を据えているのですが、なんか弱弱しい感じです。 はっきりと覚えてませんが、エイリアンは女性タイプでも男性タイプと割といい勝負してた記憶があるのですが、サラはやられまくりです。 性格も大人しいというか、問答無用で相手を殺すようなことはしないです。 中の人もシルやイブの方がやっぱ強そうですよね。.

DNA. TV ?

知っておきたい:

コメント

  1. 全体的に凄く丁寧に1作目からプロットしているようで、「ああ、こんなんあったな」と思い出させてくれます。 演出も悪くないと思いました。 くっさい人間ドラマ的なものが入ったりするのですが、意外に許せる感じで、登場人物の心境を考えたりさせられます。 それだけでもお腹一杯なのですが今回はもう一体、女性タイプエイリアンが用意されています。 これはちょっと蛇足だった気がしますね。 確かに軍の人が気づくトリガーにはなっているのですが、別トリガーでも良かったのでは? 行動的にサラと被る気がして、サラの最終的な決断のトリガーとしても弱いような気がしました。.

コメントを追加

サイトに公開する前に、あなたのコメントがモデレートのために送信されます。

© 2020 airbox-music.com | 利用規約 | 連絡先 |