ポケモン 火力 インフレ

公開日: 13.08.2020

第1世代から性能面で上位互換の かくとうタイプ の競合相手が多く不遇気味だったが、第5世代で隠れ特性の「 せいしんりょく 」を獲得。同世代に登場した コジョンド と被るが、素早さが大きく劣っているおかげで『「トリックルーム」下で「せいしんりょく」と「 ねこだまし 」を両立でき、高威力で命中安定の「 インファイト 」が使えるかくとうタイプ』という個性を得た。第8世代では「せいしんりょく」で「 いかく 」を無効化できるようになり、更に強化された。. インフレに対向するためにインフレを!ってのがおかしい インフレさせてる連中を引き下げるほうがよっぽどいいだろ.

第1世代では ほのおタイプ が冬の時代であり、更に自身は攻撃が、特殊が80で当時特殊依存だったほのお技も上手く扱えなかった上に他のほのおタイプが覚える「 ほのおのうず 」を覚えず戦術面でも大きく遅れを取っていた。続く第2世代では特攻が20上昇し、当時固有技だった「 しんそく 」(この時はまだ優先度は+1)を習得するもそれ以外の有用点がなく、 ガラガラ (通常の姿)のせいで活躍の場すらない始末。だが第3世代で「 いかく 」を獲得し、「 てだすけ 」や「 オーバーヒート 」など有用な技も追加され、更に メタグロス の登場により需要も拡大した。特にダブルバトルでは「いかく」が非常に有用で、「いかく」が効かないメタグロスをほのお技で仕留められるポケモンという固有の役割を持てるようになった。ただしこの世代では一致技以外が振るわなかった為サポートがメイン。そして 第4世代 以降 怒濤の 強化 ラッ シュ が始まり今ではすっかりダブルバトルのメジャーポケモンの地位にいる。.

ここから 役割論理 が生まれましたなwwwS振り、 先制技 はありえないwww ふえぇ… はんようりろん もここからうまれたよぉ…. 技・特性の一部の設定変更や割り振りの影響もあって、第六世代と打って変わって様々なポケモンに脚光が当たっていたが、 この世代で追加されたフェアリータイプがどいつもこいつも強豪揃いだったため、フェアリー全盛時代となっている。 特にカプ・テテフ(初期)やミミッキュは前世代のガル・アロー並の壊れという評判。ただ、カプ・テテフのほうは現在はまともなゲームバランスであるとの声が増えつつある。 そのためドラゴン・かくとうには非常に辛い環境である。辛いといってもかくとうは別にマッシブーンはじめ結構元気に活躍はしてるが。 ドラゴンは完全に冬であり、初期は「レー島の守り神ガブ・リアス」とか言われて相変わらず大手を振っていたガブリアスも遂にトップ10から陥落してしまった。 10年もメジャー張ってたのがおかしかったとか言わない USMでは新規ウルトラビーストが4種類追加されたほか、 ネクロズマ にフォルムチェンジが追加された。.

第1世代から当時猛威を振るっていた「 きりさく 」と命中で扱える催眠技「 キノコのほうし 」を覚えているが、弱点多数と鈍足が祟り「きりさく」を使った所で急所に然程当たらない有様。更に「キノコのほうし」を使う前に落ちる事が多く、催眠使いとしてはより素早い ゲンガー や ルージュラ に見劣りしていて不遇気味だった。第2世代では「きりさく」の仕様変更により前世代よりも急所に当たりにくくなった上、より素早い「キノコのほうし」使いの ドーブル が現れ見劣りに拍車をかけてしまう。更に第3世代では キノガッサ の登場により攻撃面においても見劣りになった上、まともなタイプ一致物理技も無い…と以前にも増して悲惨な状況に立たされた。しかし第4世代で「 トリックルーム 」の登場で「トリックルーム」下で運用する「キノコのほうし」使いという役割を得たのに加え、まともな威力のタイプ一致物理技「 シザークロス 」「 タネばくだん (習得はHGSSから)」の習得や、新特性の「 かんそうはだ 」の獲得で雨パに強い催眠使いとして扱えるようになりキノガッサ等との差別化を果たし不遇卒業と相成った。一方第5世代以降では新たなライバルとして モロバレル と マシェード が登場したものの、後の世代で習得した「 やどりぎのタネ 」や「 ワイドガード 」で十分差別化は出来ていた。.

前作との互換が切れ、 わざマシン 等で覚える技や きのみ 等の道具が一部変更され、世界観の一部がリセットされた世代。 この世代で 特性 が初登場。 新たな 差別 化の 要素 になり、不遇卒業出来たポケモンも多い。道具も一部を除いて変更され現在までほぼ同じ道具が一貫している。また前述の通り ダブルバトル が導入されたのもこの世代 であり、このルールで 独自の道を 歩み始めた ポケモン も少なくない。同じくこの世代で努力値の仕様変更も施され、その結果 不遇入りとなったポケモン も出てきた。 なおこの世代はレベル50制限のルールにより、 カイリュー と バンギラス が使用不能になってしまう。 この世代出身のポケモンは タイプ通りの火力を出すために両刀気質なポケモンばかり で(この時点でもまだ技の分類がタイプ依存だったため)低耐久、 もっと 悪い場合は かつ鈍足な 種族値 に設定されたものが多い。後に第4世代で分類の仕様変更が起きたため無駄配分なポケモンが多く出る事に…。 ちなみにRS初期の大会では グラードン や カイオーガ が普通に使用可能であった。特性による天候変化が永続的に続いていた(第6世代以降は特性による天候変化が5ターンまでに弱体化した)事も影響し、当時の大会では参加者の殆どがカイオーガを中心とした雨パを使用していた。.

日本語圏ではかつて『赤緑青黄』『赤緑青ピ』『RGBP』『RGBY』などとも呼ばれていた。まだ白黒だった GB 世代。 ポケモンの新規登場数は、言わずと知れた 種類 本当はのはずだったが森本さんがちょっとした遊び心で ミュウ を追加した 。.

それまではオール80の種族値故に尖った性能が無く、せいぜい「 ぜったいれいど 」と「 だいばくはつ 」が両立可能なこおりタイプという程度しか差別点が無かった。その為第4世代で登場した分岐進化の ユキメノコ 他多くの こおりタイプ に見劣りがちだったが、第5世代で隠れ特性「 ムラっけ 」を獲得し差別化に成功。運が絡むが「 まもる 」「 みがわり 」と併用してターン稼ぎをしつつ「 ぜったいれいど 」と交えて無限戦法に持ち込めるように。第6世代からは「ムラっけ」型が本格的に対戦環境で運用されるようになり、ORASでは メガシンカ も獲得。だがそれと同時に環境では「ムラっけ」型が蔓延し、ネット上でヘイトを集めてしまうケースも出てきてしまった。そして第8世代でようやく「ムラっけ」の修正が施されたが、完全に弱体化と言えたかは微妙。だが環境の激変もあり前世代までの勢いは鳴りを潜めた模様(メガシンカの没収も痛いところ)。.

GSC RSE. BW BW2 6 ORAS 8. Z Z Z Z Z Z.

タイプ間の威力格差をなくして欲しい。 とのタイプも威力以上の技を一般ポケも覚えられるようにして欲しい。 眼鏡サザンの悪の波動でも2発のクレセとかガルドなんてオカシイでしょ。. 互換が切られたことでポケモンをやめてしまった人も多く、結果としてポケモン本編としては最低売上になってしまったが、 それでもGBAの売上トップ3はポケモンで占めており、RSの国内売上は万本。 ポケモンファンからは不遇の作品扱いされるが、はっきり言って他の売上がぶっとんでるだけで充分大ヒットである。.
  • 毒まも身がやサイクル重視、砂嵐状態で耐久upのメガバンギに 高攻撃力と耐久力がいいメガマンダなどがある、これって対処 するならどんな対処法がいいんだ・・・.
  • 例 「とうそうしん」「サンパワー」「ぎゃくじょう」「げきりゅう」「アナライズ」「ダウンロード」「スナイパー」「こんじょう」「はりこみ」「リミットシールド」など.

ポケモンUSUM環境は中堅ポケモンだけで勝てない!?

世代変わるごとに交互に来てる気がするからありえなくもないな ただいい加減雑魚ポケ放置はやめてほしい 強化する気がないなら潔く切り捨ててほしい、容量食うだけのお荷物扱いはもう嫌だ. 耐久インフレとかなったら受けループ地獄になって ポケモンやめるな。しかも受けるvs受けるとか不毛すぎる戦いなんてやっていけない。 少なくとも耐久インフレを起こしたら今より過疎るだけだな。. ガルガブゲンバシャボルトスイクンという対面パが後期スタンとして有名になった。 ただし対面パは「強いやつ6体」ではなく 間違っちゃいないが 、パーティ内の役割が明確な6体を組み合わせたパーティというだけであり、 ぶっちゃけバシャボルトスイクンよりはアローのほうが当時は脅威だった。ガルガブゲンは普通にアロー並の脅威だったが。. ポケモン名 火力指数 技 特性 持ち物 カプ・テテフ Zサイコキネシス サイコメイカー エスパーZ フーディン Zみらいよち 非考慮 エスパーZ エーフィ Zみらいよち 非考慮 エスパーZ.

第4世代では物理電気技が「 かみなりのキバ 」止まりな上に技範囲が丸かぶりな エレキブル の存在が重く、せいぜい差別点は「 かみくだく 」位しか無かった。だが第5世代で隠れ特性「 こんじょう 」と高威力物理技「 ワイルドボルト 」習得し、火力が大幅に上がった。第6世代では「 いかく 」と新たに習得した「 つぶらなひとみ 」を組み合わせて物理受けも出来るようになった。.

何がインフレしようと構わんが、 メガガルの弱体化だけはキッチリしとけよ もう対戦でもウンザリだわ.

  • 以前は鈍足低耐久の くさタイプ でこれといった芸当も無く不遇だったが、特性「 サンパワー 」獲得で晴れ状態限定で特攻が上昇し、高威力の「 ソーラービーム 」を毎ターン放てるように。鈍足は同じく第4世代で初登場した「トリックルーム」でカバー可能。後の世代で「サンパワー」持ちは増えているが、くさ単タイプである事と教え技で習得可能な「 だいちのちから 」で差別化が可能。. 特性強化 1.
  • Twitter RSS ブログについて. 豊富な技と優秀な特性が特徴で、当初から同じ みず ・ いわタイプ のライバルと十分差別化は出来ていた。しかし低い種族値が原因で活躍する前に落ちる事が多かった。一応第7世代ではHP・防御・特防がそれぞれ10ずつ上昇され耐久面が改善され、「 もろはのずつき 」を「 はりきり 」と組み合わせて Zワザ にする事で一度きりだが必中の高火力を放てるようになったが、実際の火力は カブトプス の「 ストーンエッジ 」のZワザと殆ど変わらない為、見劣りからは脱却したものの「 トリックルーム 」下での運用等の差別化が必要だった為不遇を払拭するには至らなかった。USUMでは第7世代当初から習得可能だった「 アクアブレイク 」が広く配られたせいで差別点とは言えなくなり、再度見劣り気味になった。だが第8世代で登場した新要素の キョダイマックス のおかげで、「 もろはのずつき 」や「 はりきり 」のデメリットを打ち消す事が出来るようになった他(自身が「 トリックルーム 」適性が同タイプや「はりきり」持ちで一番高いのも大きい)、多数の技を習得した。そしてダイマックスの仕様上、3ターン以内ではあるが耐久面でも改善が施されようやく不遇卒業と相成った。.

4 3 5 7. Z Z. 1 240 34 5 4 14 6USUM 8. Z Z Z Z Z Z.

第七世代を象徴する火力を持つカプ・テテフ

前作との互換が切れ、 わざマシン 等で覚える技や きのみ 等の道具が一部変更され、世界観の一部がリセットされた世代。 この世代で 特性 が初登場。 新たな 差別 化の 要素 になり、不遇卒業出来たポケモンも多い。道具も一部を除いて変更され現在までほぼ同じ道具が一貫している。また前述の通り ダブルバトル が導入されたのもこの世代 であり、このルールで 独自の道を 歩み始めた ポケモン も少なくない。同じくこの世代で努力値の仕様変更も施され、その結果 不遇入りとなったポケモン も出てきた。 なおこの世代はレベル50制限のルールにより、 カイリュー と バンギラス が使用不能になってしまう。 この世代出身のポケモンは タイプ通りの火力を出すために両刀気質なポケモンばかり で(この時点でもまだ技の分類がタイプ依存だったため)低耐久、 もっと 悪い場合は かつ鈍足な 種族値 に設定されたものが多い。後に第4世代で分類の仕様変更が起きたため無駄配分なポケモンが多く出る事に…。 ちなみにRS初期の大会では グラードン や カイオーガ が普通に使用可能であった。特性による天候変化が永続的に続いていた(第6世代以降は特性による天候変化が5ターンまでに弱体化した)事も影響し、当時の大会では参加者の殆どがカイオーガを中心とした雨パを使用していた。.

技や特性等の組み合わせで、役割を確立して個性を得た場合該当。第3世代の ダブルバトル や第5世代の トリプルバトル 等、新たな対戦環境の登場で役割を確立した場合も該当。. 遂に舞台は Switch へ。公式の略称は『剣盾』。. 初登場した第4世代ではそれなりの耐久面と「 いかりのまえば 」程度しか持ち味が無く、事実上特性無しのハンデを背負っている上に自身に見合った技が些か貧相がちで扱い辛さが拭えなかった。その為火力面では「 でんきだま 」持ちの ピカチュウ や エレキブル 、それ以外の面で見ても サンダース や デンリュウ 等の同タイプの競合相手に見劣りがちだった。だが第5世代で隠れ特性「 ちくでん 」を獲得し、「 このゆびとまれ 」や「 ほっぺすりすり (習得は第6世代から)」等の技を多数習得し、サポート役としての才能を開花させ不遇卒業を果たした。そして年に開催された公式大会『WCS世界大会』で「このゆびとまれ」と「ほっぺすりすり」を使いこなす サポート役として活躍し 、 優勝に大きく貢献した 。.

53 5 6 ORAS10107 USUM. 4 5 6WCS .

不遇卒業ポケモンの定義

デビュー当初から第5世代までの間、同タイプのライバルとの差別点が少なく不遇がちだった。一応どちらも第3世代で「 ようりょくそ 」を得て若干の強化が施されたが、その他多くの くさタイプ のポケモンも同じ特性を得た為差別化にはならず。更にラフレシアに至っては第5世代で フシギバナ が隠れ特性で「ようりょくそ」を得てしまい、見劣りに拍車をかけてしまう。一応ラフレシアも隠れ特性で「 ほうし 」を得て差別化は出来たものの強化と言えるかは微妙。だが第6世代で「 マジカルシャイン 」「 ムーンフォース (習得はORASから)」を習得して実戦的な差別化が可能になり、ドラゴンタイプ等のポケモンに対して一矢報いる事が出来るようになった他、ラフレシアは特攻が10、キレイハナは防御が10上昇した。そしてキレイハナはそして第7世代で優秀な積み技「 ちょうのまい 」を習得し明瞭な差別化を果たした。なお同タイプの「ちょうのまい」使いである ドレディア とは技範囲の広さで差別化可能。USUMではどちらも「 ちからをすいとる 」を習得し、物理アタッカーに対して優位に戦えるようになった。.

ポケモンシリーズを初代から見事に牽引してみせた不朽の名作。 グラフィックは前作の面影を色濃く残しているが、カラーのハードにも対応した。 殿堂入りを果たすと前作の舞台を冒険できるため、殿堂入り後シナリオの濃さは歴代屈指である。 単に『金銀』『金銀水晶』『GSC』とも言われ、 RSE 以降との区別として第一世代とまとめて『初代金銀』と呼ばれることもある。 ポケモンの新規登場数は 種類 と少ない。また、技の総数とポケモンの総数が同一である。. 別に6世代はそんなにインフレしてない 5世代で爆発的にインフレして更に6世代で少しインフレしたから6世代のインフレが酷く見える. なお98年度大会はレベル30以下という制限があったため戦いのセオリーが大きく異なり、また出場できるポケモンはさらに少なかった。 某チャンピオン のごとく「さいみんじゅつ」を使う ナッシー の姿なんかも見られた。.

高い攻撃と特攻を持ち合わせているもののデビュー当初から高火力タイプ一致攻撃技が無い事が災いし、習得技・特性・種族値の面に加え「 へびにらみ 」が被る同タイプの アーボック に見劣りがち(一応第4世代で「 ダメおし 」と「 ふいうち (習得はプラチナとHGSS限定)」を習得し差別化自体は出来たがそれでも微妙)だった。だが第5世代で「 いのちがけ 」を習得し「 こだわりスカーフ 」を「 すりかえ 」で押し付けてから「いのちがけ」を使うコンボを確立し不遇卒業。更に同じく第5世代で追加された隠れ特性「 すりぬけ 」が第6世代で「 みがわり 」を貫通するようになった事により、「みがわり」を使うポケモンにも上記のコンボが使えるようになった他、「へびにらみ」も強化された。第7世代では「 つるぎのまい 」を習得したものの、 アローララッタ が上記のコンボが使えるようになってしまう。しかしタイプ・特性・役割で差別化は十分出来ていた。.

3 64 3 1 3 9023 60PP5. N BW1 SMUSUM. … 5 16 8. 80 4 5 6ORAS 8. 1 2 30 .

耐久インフレ独占のシングル環境! 火力インフレ(笑)!

当初から攻撃技で被る サーナイト に加え、第4世代以降では同タイプでかつ同特性の クレセリア や アグノム 等に劣りがちだった。一応第5世代で「 アシストパワー 」を習得したが、同タイプだけでもサーナイトや エーフィ といった強力なライバルに使い勝手の面で負けている有様。しかし第6世代で「 なかまづくり 」を習得し、味方ポケモンに「 ふゆう 」を与えたり敵ポケモンの強力な特性を無力化する芸当を確立し不遇卒業となった。「 スキルスワップ 」と違い何度も相手を無力化出来るのがプラスポイント。また同世代で「 コスモパワー 」も習得し、「 じこさいせい 」を交える事で「アシストパワー」の火力が底上げしやすくなった。そして第7世代ではHPと防御と特防がそれぞれ10ずつ上昇し、USUMでは「 ほろびのうた 」と「 トリックガード 」も習得。これらの度重なる強化のおかげでクレセリア等との更なる差別化に成功した。.

メガガルの親子愛は襷貫通しないとか飛行技無効タイプ、特性つくるとかかな ガルとアローのせいだわ. ポケモンにおいて悪い癖とも言える対策への慢心やアプデ調整放置するほどの無関心さが顕著に出た時期でもある。 もちろん、昨今のゲームでは考えられないアプデ調整放置をしたメーカーに大きな非はあるが、あれだけの暴走を見せつけられても対策できるなら調整必要なしで済ませようとした多くのユーザーにも非はあると言わざるを得ない。(何気ないユーザーの声がメーカーに聞こえることもあるため) 第七世代でガルットモンスター終焉後、対策一点張りの連中は一気に叩かれたのか、最近は対策しろ~と単純に済ませようとする様は激減している。.

BW BW2 6 8. ZZ ZZ 1 2 5 5 6 7 Z VC 8 .

知っておきたい:

コメント

コメントを追加

サイトに公開する前に、あなたのコメントがモデレートのために送信されます。

© 2020 airbox-music.com | 利用規約 | 連絡先 |