北方 水 滸伝 登場 人物 一覧

公開日: 19.07.2020

魯智深 …… 梁山泊 の リクルート 担当仏僧。 宋江 の著書「替天行動」を手に多くの人物を 梁山泊 へ誘う。武術の達人だが粗暴なところはなく冷静な人物。. 横山 光輝 潮出版社

梁山泊 という小国家を運営するのは綺麗事だけではありません。. 中国の歴史を見ると、北宋の北では女真族の阿骨打(あくだ)が「金国」を建て()、遼を滅ぼす()。そして北宋は金国に滅ぼされ( ちなみに日本では鎌倉幕府が成立したのりが)、皇族の趙構が華中・華南で宋を復興(南宋)する。  この当たりの内容が楊令伝に繋がっていくのかな? やがてモンゴルでチンギス・ハンが出、フビライが出てきてモンゴル(元)による中国の統一がなる。. ハードボイルドを得意としてきた著者だけに、こうした組織の闇の部分もしっかり描くのが北方 水滸伝 の魅力のひとつです。.

梁山泊の体制が次第に整い、江州での初めての闘いに出たが、林中の騎馬隊の応援で辛くも勝利する。一方、青蓮寺側の袁明も5千の騎馬隊を編成したり、高求将軍の役目替えとか、官側の体勢を立て直し、梁山泊への対抗策を打ち出し、人望の厚かった二竜山の総隊長楊志を暗殺、二竜山、桃花山を危機におとしめる。 さらに闇の塩の道を守る清風山を攻めたが、敗戦したことで、帝、蔡京が危機感をつのらせ、新しい参謀を青蓮寺に加え、官側の革新に動き出す。.

陳 舜臣 朝日新聞 出版 梁山泊 と 宋朝 は表立った戦争だけでなく、常に裏面では致死軍と青蓮寺との暗闘が繰り広げられていて、スパイ小説のような楽しみを味わえる場面も多くあります。. 第十巻( 濁流の章 ) 第十一巻( 天地の章 ) 第十二巻( 炳乎の章 )        heiko.

.                                               北方 水 滸伝 登場 人物 一覧          .     ワンピース ジュエリー ボニー 能力                       . …… .

  • 第四巻( 道蛇の章 ) 第五巻( 玄武の章 ) 第六巻( 風塵の章 ). 真打ちが満を持して登場するという、 大河ドラマ に誰もが求めている場面が見事に表現されています。.
  • 魏定国 ぎていこく 牛直   ぎゅうちょく 龔旺   きょうおう 羌肆   きょうし 喬道清 きょうどうせい 喬冽   きょうれつ 金秀   きんしゅう 金翠蓮 きんすいれん 金大堅 きんだいけん. 水滸伝6巻セット 漫画文庫 posted with カエレバ.

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

はっきり言って、こちらも北方 水滸伝 に劣らないほど面白いです。. 梁山泊の体制が次第に整い、江州での初めての闘いに出たが、林中の騎馬隊の応援で辛くも勝利する。一方、青蓮寺側の袁明も5千の騎馬隊を編成したり、高求将軍の役目替えとか、官側の体勢を立て直し、梁山泊への対抗策を打ち出し、人望の厚かった二竜山の総隊長楊志を暗殺、二竜山、桃花山を危機におとしめる。 さらに闇の塩の道を守る清風山を攻めたが、敗戦したことで、帝、蔡京が危機感をつのらせ、新しい参謀を青蓮寺に加え、官側の革新に動き出す。. 時間稼ぎの講和交渉、趙安将軍の二竜山攻め、童貫元帥の緒戦の負け、巨大船を擁しての水軍も合わせた戦いへと進み、楊令の入山はあったが、秦明や林沖の死と梁山泊の中心人物の死も多数出る。 そして最後の決戦の幕が梁山湖の西、流花塞の北を戦場にして切って落とされた。 そして最後に勝利するのは・・・.

北方謙三 の大ベストセラーである『 水滸伝 』は『楊令伝』『 岳飛 伝』と続編が発売されていて、 岳飛 伝は年2月に完結しています。. このように、原作の 水滸伝 を知っていれば、 原作とのキャラクターの書かれ方の違いも非常に楽しめる 内容になっています。.

  • 新しいページ 編集 差分 編集履歴 ページ名変更 アップロード 検索 ページ一覧 タグ RSS ご利用ガイド 管理者に問合せ ログイン. ですが本作での童貫の存在感はたいへん大きなもので、宦官でありながら極めてストイックな人物として描かれており、超一流の指揮能力を持つため 梁山泊 の名将が束になっても敵わないほどの活躍を見せます。.
  • 印象的な場面として、官軍の将軍だった秦明が 梁山泊 に入山した時、最初にチェックしたところが厠だったということです。.

.                .                         ?

読んだ本の備忘録や日頃思ったこと、感じたことなどなど

ものがたり水滸伝 朝日文庫 posted with カエレバ. 真打ちが満を持して登場するという、 大河ドラマ に誰もが求めている場面が見事に表現されています。. 面白いことに、やはり作者が 北方謙三 であるため、 水滸伝 でも 作中で 試みの地平線 メソッドが炸裂します。.

…….                              .

大水滸シリーズの登場人物

北方謙三 作品といえば「黒い一頭の獣のような騎馬隊」などの表現に見られるように、騎馬隊の描写が凝っていることが有名ですが、本作でも 林冲 の黒騎兵・ 史進 の赤騎兵・索超の青騎兵などの騎馬隊が戦場で大活躍します。. 時間稼ぎの講和交渉、趙安将軍の二竜山攻め、童貫元帥の緒戦の負け、巨大船を擁しての水軍も合わせた戦いへと進み、楊令の入山はあったが、秦明や林沖の死と梁山泊の中心人物の死も多数出る。 そして最後の決戦の幕が梁山湖の西、流花塞の北を戦場にして切って落とされた。 そして最後に勝利するのは・・・. 葉敬   ようけい 楊志   ようし 楊春   ようしゅん 楊雄   ようゆう 楊林   ようりん 楊令   ようれい. 新しいページ 編集 差分 編集履歴 ページ名変更 アップロード 検索 ページ一覧 タグ RSS ご利用ガイド 管理者に問合せ ログイン.

. posted with. 6 posted with .

『水滸伝』のあらすじ。時代背景はいつ?三国志との違いは?

新しいページ 編集 差分 編集履歴 ページ名変更 アップロード 検索 ページ一覧 タグ RSS ご利用ガイド 管理者に問合せ ログイン. 水滸伝の時代背景について:    三国志が漢の終わりの時代から、三国鼎立の時代、そして晋が天下平定するまでのほぼ百年間を舞台とした物語である。(紀元後5-600年頃まで)  一方、水滸伝の方は宋(北宋)の時代の話(日本でいうと鎌倉時代の前、平安時代の中頃というところ)。 体制としては、帝がいて執政をする宰相を頂点に、政府があり、役人がいる。軍は宮廷を守る禁軍と地方軍がいる。宋の帝も何代にもなると、役人の不正がまかりとおり、賄賂が民を疲弊させていく。そこで国の中から立ち上がる叛徒の群れがあちこちに現れることになる。  宋の国の中にも王安石の新法が行われたが、賛成・反対の二つに割れ完全にはなされなかった。叛徒の中心に梁山泊が次第に勢力をつけ宋の国に対抗するようになる。   周辺国としては北の遼の国(契丹族)も内に女真族の叛徒が力をつけてきて、自分達の国を作る動きがあった。     水滸伝は中国の明の時代に書かれた小説で施耐庵あるいは羅漢中が講談として行われてきた北宋の徽宗(きそう)期に起こった叛乱を題材にした物語を集大成して創作されたとされる。ちなみに「滸」は「ほとり」の意味という。 水滸伝の主な登場人物:   詳細は別紙参照 。  <梁山泊>  宋江、 晁蓋 、呉用、魯深義(後、魯達)、慮俊義、林沖、楊志、楊令、秦明、呼延灼、関勝など  <官軍・その他> 袁 明、李富、童貫、聞煥章、蔡京、高求 王進 、 阿骨打   宋の国の地図   画像をクリックすると拡大します。 物語の大筋:  3巻ずつに分け掲げる。 第一巻( 曙光の章 ) 第二巻( 替天の章 ) 第三巻( 輪舞の章 ).

燕順   えんじゅん 閻新   えんしん 燕青   えんせい 閻婆惜 えんばしゃく 袁明   えんめい. 北方 水滸伝 は、多くの魅力的なキャラクターが登場します。.

知っておきたい:

コメント

  1. 水滸伝の時代背景について:    三国志が漢の終わりの時代から、三国鼎立の時代、そして晋が天下平定するまでのほぼ百年間を舞台とした物語である。(紀元後5-600年頃まで)  一方、水滸伝の方は宋(北宋)の時代の話(日本でいうと鎌倉時代の前、平安時代の中頃というところ)。 体制としては、帝がいて執政をする宰相を頂点に、政府があり、役人がいる。軍は宮廷を守る禁軍と地方軍がいる。宋の帝も何代にもなると、役人の不正がまかりとおり、賄賂が民を疲弊させていく。そこで国の中から立ち上がる叛徒の群れがあちこちに現れることになる。  宋の国の中にも王安石の新法が行われたが、賛成・反対の二つに割れ完全にはなされなかった。叛徒の中心に梁山泊が次第に勢力をつけ宋の国に対抗するようになる。   周辺国としては北の遼の国(契丹族)も内に女真族の叛徒が力をつけてきて、自分達の国を作る動きがあった。     水滸伝は中国の明の時代に書かれた小説で施耐庵あるいは羅漢中が講談として行われてきた北宋の徽宗(きそう)期に起こった叛乱を題材にした物語を集大成して創作されたとされる。ちなみに「滸」は「ほとり」の意味という。 水滸伝の主な登場人物:   詳細は別紙参照 。  <梁山泊>  宋江、 晁蓋 、呉用、魯深義(後、魯達)、慮俊義、林沖、楊志、楊令、秦明、呼延灼、関勝など  <官軍・その他> 袁 明、李富、童貫、聞煥章、蔡京、高求 王進 、 阿骨打   宋の国の地図   画像をクリックすると拡大します。 物語の大筋:  3巻ずつに分け掲げる。 第一巻( 曙光の章 ) 第二巻( 替天の章 ) 第三巻( 輪舞の章 ). 水滸伝の時代背景について:    三国志が漢の終わりの時代から、三国鼎立の時代、そして晋が天下平定するまでのほぼ百年間を舞台とした物語である。(紀元後5-600年頃まで)  一方、水滸伝の方は宋(北宋)の時代の話(日本でいうと鎌倉時代の前、平安時代の中頃というところ)。 体制としては、帝がいて執政をする宰相を頂点に、政府があり、役人がいる。軍は宮廷を守る禁軍と地方軍がいる。宋の帝も何代にもなると、役人の不正がまかりとおり、賄賂が民を疲弊させていく。そこで国の中から立ち上がる叛徒の群れがあちこちに現れることになる。  宋の国の中にも王安石の新法が行われたが、賛成・反対の二つに割れ完全にはなされなかった。叛徒の中心に梁山泊が次第に勢力をつけ宋の国に対抗するようになる。   周辺国としては北の遼の国(契丹族)も内に女真族の叛徒が力をつけてきて、自分達の国を作る動きがあった。     水滸伝は中国の明の時代に書かれた小説で施耐庵あるいは羅漢中が講談として行われてきた北宋の徽宗(きそう)期に起こった叛乱を題材にした物語を集大成して創作されたとされる。ちなみに「滸」は「ほとり」の意味という。 水滸伝の主な登場人物:   詳細は別紙参照 。  <梁山泊>  宋江、 晁蓋 、呉用、魯深義(後、魯達)、慮俊義、林沖、楊志、楊令、秦明、呼延灼、関勝など  <官軍・その他> 袁 明、李富、童貫、聞煥章、蔡京、高求 王進 、 阿骨打   宋の国の地図   画像をクリックすると拡大します。 物語の大筋:  3巻ずつに分け掲げる。.

コメントを追加

サイトに公開する前に、あなたのコメントがモデレートのために送信されます。

© 2020 airbox-music.com | 利用規約 | 連絡先 |