フィリピン 沖 海戦

公開日: 22.11.2020

谷 井保 大佐. それでも日本側の南方総軍司令部は、オルモックに代わる揚陸拠点をレイテ島北西端に近いサンイシドロとし、すでに出航していた 第68旅団 も引き返させずにサンイシドロへ針路変更させるなどレイテ島の戦いに固執していた。しかし、第68旅団を乗せた船団は12月7日の入港直前に空襲で大打撃を受け、旅団は重装備の大半を失った。そのサンイシドロも、12月27日にアメリカ軍が上陸用舟艇による海上機動を行い、オルモック同様に簡単に占領した。リモン峠方面からの撤退部隊が目標としていたパロンポン港も、12月25日にアメリカ軍第77師団の一部が舟艇機動し制圧されてしまっていた。パロンポン占領をもって、アメリカ軍はレイテ島での組織的抵抗の終結を宣言した。アメリカ軍は、レイテ島の指揮権を第6軍から 第8軍 へ移行させ、以後の掃討戦を行わせることにした。.

マキン奇襲 マキンの戦い タラワの戦い ギルバート沖航空戦 マーシャル沖航空戦 クェゼリンの戦い - トラック島空襲 エニウェトクの戦い. 関連人物の一覧 太平洋戦争の年表. 非常に効果的な射撃をしたと言われる 戦艦 「 ウエスト バー ジニア 」は、初弾と第二斉射だけで複数の命中を確認しているとされ、 ウェストバージニア 」の アクション レポートでは全13回行われた斉射のうち 目 視確認されただけでも1,2,6回の斉射時に命中が確認されている。「命中弾が2発」という話は「 ウエスト バー ジニア 」の記録を見る限り非常に疑わしい話であるが、「命中弾が2発」とする話を紹介する著書も多い。この他にも「 ウエスト バー ジニア 」の 砲 撃は全て 目 標を夾叉(きょ うさ )しており、通常の 砲 撃よりも好成績を残している( 普通 初弾から最後の斉射まで夾叉させるというのは 日本海軍 でもまずない記録である)  「山 城 」に 米 戦艦 部隊の 砲 撃が何発命中したのかについては詳細が不明な部分もある。「 ウエスト バー ジニア 」の記録などを見る限りでは2発以上は命中しているようにも思える。 一説には 米 戦艦 部隊の命中数は7発とも言われる。.

駆逐艦  「 霜月 」. 第二 爆撃 隊. 小野田 捨次郎 大佐. アンダマン・ニコバル諸島占領 クリスマス島占領 マダガスカルの戦い 柳船 ストーンウォール作戦 遣独潜水艦作戦 モンスーン戦隊 コックピット作戦 オンボード作戦 ペナン沖海戦.

[]. 796 1 24 . 940. 111150111 [] 5311 [] 1551137 []. 1 119 26 68 1261120.

駆逐艦  「 清霜 」.
  • 一方、 西村 部隊を追う形で 台湾 から南下してきていた 志摩 清英 中将 の第二遊撃部隊は、 23 日に コロン 島 (シブヤン 海 の入り口付近)に達したが、上記のようにタン カー との連絡に失敗。 重巡 から 駆逐艦 へ燃料を分ける作業ののち、 スー ルー 海 からスリガオ 海 峡へ向かう。  第二遊撃部隊は南 西方 面艦隊 指 揮下であり、 連合艦隊 直轄となった第一遊撃部隊の 指 揮下にある 西村 部隊とは 指 揮系統が異なっていた。このため 目 的地を同じくする部隊でありながら、第二遊撃部隊は 栗田 ・ 西村 両 司 令 と 作戦 調整をすることも 無 く(正確には前述のように開始以前の第二遊撃部隊の使い 道 に関する南 西方 面艦隊と 連合艦隊 の意見対立で、決定がギリギリとなったためその余裕がなかったのだが…)進撃していた。.
  • 第二十一 戦隊.

関連語をあわせて調べる

補給を何とか済ませた第一遊撃部隊は主力が22日早朝、第三部隊は同日午後にブルネイを出撃した。翌23日未明、第一遊撃部隊が パラワン水道 を航行していたところを2隻の米潜水艦が発見。2隻はこのことを味方艦隊に通報すると、日本艦隊に向けて魚雷攻撃を実施した。 この潜水艦を察知できていなかった栗田艦隊は不意打ちを受ける形となり、旗艦の愛宕とその姉妹艦、 摩耶 が沈没。 高雄 も大破してブルネイに後退した。 日本艦隊は敵艦隊と戦う前から強力な重巡洋艦3隻を一度に失うという被害を受け、出鼻をくじかれる羽目になったが、栗田中将は大和に移乗して作戦を続行した。. K作戦 ミッドウェー海戦. 都竹は深井の数々の証言に対して月刊「歴史街道」年1月号において、「最近大和の元高級将校と自称する人物」と遠回しに深井を名指し、彼が証言している「艦橋にきて参謀達に激しく抗議した」とか「小沢治三郎中将から貰った短刀の話」などについて否定している。都竹は「私は艦橋の配置で戦闘中終始その場に居たが、深井の言うような光景は目撃していない」「大和は捷号作戦が作成された時点で既に外地にいて、内地にいた小沢中将と深井が合い、軍刀をもらうことなど出来ない」などと反論している [] [注釈 44] 。.

台湾沖航空戦の残敵掃討に出動していた第二遊撃部隊は17日に奄美大島に入り補給を開始した。入港に先立ち長官である志摩清英中将は捷一号作戦警戒発令と機動部隊本隊の作戦参加を知るが、第二遊撃部隊への今後の作戦行動については特に指示が無かった。そこで夜半に連合艦隊に対して第二遊撃部隊独自の作戦要領 [98] を打電するが連合艦隊からの回答は得られなかった。翌18日に艦隊は当初の指示に従い馬公に向かうが、その途上で第十六戦隊の第二遊撃部隊への編入と機動部隊本隊から南西方面部隊への所属替え、高雄で補給の上マニラへ進出するように命令を受ける [99] 。艦隊は直ちに高雄に進路をとるが、夕刻には南西方面艦隊より馬公に待機するよう指示が出て再度馬公に向かう。以後第二遊撃部隊の使い方に関して連合艦隊と南西方面艦隊とで異なった指令が飛び交い、同隊を混乱させた。馬公で補給の上、20日に内地を出撃する機動部隊本隊へ復帰するべきであるという意見が艦隊内でもでた。しかし20日8時30分に馬公入港直後に連合艦隊から「第二遊撃部隊は南西方面部隊指揮下に入り海上機動反撃作戦を決行せよ」との命令を受け、機動部隊本隊復帰はご破算となる [] 。.

バギオ地区では日本軍が4月までアメリカ軍の北進を阻止していたが、西海岸からナギリアン経由で迂回侵攻され、4月下旬にバギオは陥落した。その直前に方面軍司令部はカガヤン渓谷へ脱出し、 ホセ・ラウレル 大統領らも日本本土へ避難した。. などを指示した [] 。 これを受けて南西方面艦隊では貴下の第二遊撃部隊と第一連合航空部隊(第五第六基地航空部隊の合同部隊で福留長官が指揮官、大西長官が次席指揮官兼参謀長を務める)でレイテ増援の陸軍部隊の海上護衛任務を遂行、海戦に生き残った艦艇で輸送任務に適した中小艦艇をマニラに集結させ 多号作戦 を実施する [] 。しかし9次にわたるこの輸送作戦でも日本軍は多くの艦艇を喪失し、レイテ島上陸のアメリカ軍の撃退は叶わなかった [注釈 37] 。.

この日の 日中 、機動部隊本隊を発見出来ない ハル ゼー艦隊は、シブヤン 海 の第一遊撃部隊を集中攻撃。更に 貴 下の3個群から 高速戦艦 を引き抜いてリー 中将 指 揮の第 34 任務部隊を編成して、第一遊撃部隊と 砲 撃戦をするべく準備する事を各部隊に通達する。一方 栗田 長官の「悲鳴」に対し 小沢 長官は、 早 く自艦隊を ハル ゼーに発見させるべく、1 4時 30 分付で前衛の 戦艦 「 伊勢 」「 日向 」と 駆逐艦 隊を分離 派遣 (電信、 連合艦隊 ・第一遊撃部隊ともに受信)。 16時 30 分頃、ついに艦隊は 米 索敵機に発見される (電信、 連合艦隊 受信、第一遊撃部隊含め受信せず) 。.

  • 最上機の偵察で敵魚雷艇が集結していることを知った西村中将は、現状報告の打電と同時に最上と第四駆逐隊の 満潮 ・ 朝雲 ・ 山雲 に、日没次第先行して敵魚雷艇の掃討するように命令する。19時0分、命令に従い最上以下掃討隊が先行を開始、本隊( 山城 ・扶桑・時雨)はボボール島沿いにミンダナオ海を進撃した [] 。. 進撃を再開する前の10時、栗田艦隊はサマール沖での海戦の戦果を撃沈確実空母2隻(内正規空母1隻含む)、同甲巡1隻、駆逐艦2隻、命中弾確実空母1〜2隻と報告、11時には集結した各部隊からの情報を統計して撃沈確実空母4隻(内正規空母2隻)・甲巡1隻・乙巡1隻・駆逐艦4隻・撃破空母2隻(内1隻は正規空母もしくは戦艦)・巡洋艦もしくは駆逐艦2 - 3隻と報告している [] 。長官の栗田中将からの報告を受け大本営や連合艦隊は大いに喜んだ。水上艦隊が単独でアメリカ軍機動部隊の1個群を撃滅したことに満足した。実際は護衛空母数隻の艦隊で撃沈は護衛空母1隻、駆逐艦3隻であったが日本側は戦後になるまで誰もその事実に気づかなかった [] 。11時20分、栗田艦隊は「我地点ヤヒマ37針路南西レイテ泊地へ向かう。北東30浬に空母を含む機動部隊及び南東60浬に大部隊あり」 [] と打電し関係各部隊に進撃を再開したことを通達した。.
  • これら一連の 空 襲で フィリピン 方面の 日本 側の反撃が、 アメリカ の予想よりも脆弱である事を知った ハル ゼーは、 ニミッツ 長官にヤップ 島 及び パラオ の 攻略 作戦 を取りやめ、 日本 の戦 力 が回復しないうちに レイ テ 島 を 攻略 すべきだと進言する。これを受け ニミッツ は 9月12日 に ルー ズ メルト 大統領 、 キング 海 軍長官に ハル ゼーの意見を伝えた。14日には マッカーサー もミン ダナ オ 島 迂 回に依る 攻略 という修正案を提示したので、 9月15日 に統合参謀本部は計画を2か 月 繰り上げて 10月20日 に レイ テ 島 へ上陸を開始する事を決定する。.

[]. 532418132 []. 14 .

海軍の作戦準備と部隊の展開

石原 聿 大佐. 珊瑚海海戦 ポートモレスビー作戦 ラビの戦い ビスマルク海海戦 カートホイール作戦 ラエ・サラモアの戦い フィンシュハーフェンの戦い アドミラルティ諸島の戦い ホーランジアの戦い 竹一船団 ビアク島の戦い 渾作戦 アイタペの戦い. 宇 垣 纏 ・第一 戦隊 司 令 官の 陣 中日 誌『戦藻録』によると艦隊首 脳 は、 レイ テでは 米軍 が 水上 部隊・ 陸上 飛行場ともに迎撃態勢を整えているだろうから、むざむざこの敵 陣 へ突っ込むより敵の意表をついて、北から追ってきている機動部隊を撃破してやろうという考えにより、 反転 を決意したという(この後1 3時 にまた南下し、『戦藻録』によれば1 3時 13分、最終的な 反転 ・ 北上 へ移った。 米軍 側には、第一遊撃部隊が行動を決しかねてウ ロウ ロしているように見えたらしい)。.

ツール リンク元 関連ページの更新状況 ファイルをアップロード 特別ページ この版への固定リンク ページ情報 ウィキデータ項目 このページを引用.

7712780 21011 813441215. GNU Free Documentation License Weblio GNU Free Documentation License. 2922 [] [ 33]. 1027 [] 436 USS Sealion.

「レイテ沖海戦」とは。戦死者数など概要を簡単に紹介

機動部隊本隊 (第三艦隊基幹). 一方、 ルーズベルト はそれまでマッカーサーが共和党の大統領候補になる事を警戒し余り手柄を立てさせないようにしてきたが、7月初旬の民主党大会で自身が大統領候補に指名され、マッカーサーにも出馬の意思がないことを知った。その後ルーズベルトは 選挙 遊説のため オアフ島 ホノルルに行き、7月26日夜にマッカーサーと会談した。マッカーサーは持論を述べ立てたがルーズベルトは「フィリピンを迂回しない」ことは支持したものの、海軍が主張する台湾進攻との関係は後回しとされ、9月のケベック会談でチャーチルと協議した結果により決めるとした。ハワイ会談に対し統合参謀本部は不満で、キング作戦部長は即時台湾攻略を主張した。一方海軍側でもハルゼーはフィリピン攻略の意義を認める進言をした。.

このことは小沢艦隊司令部を収容した軽巡洋艦 大淀 の戦闘詳報でも触れられており、同詳報では連合艦隊司令部の杜撰な指導に対する批判もある一方で、機動部隊本隊がアメリカ正規空母群に対する牽制、誘致に努めるべき時機、期間、すなわち、第一遊撃部隊に対して自在の航空攻撃を許さないのはいつからいつまでであるべきかという観念を機動部隊側が欠いていたと記述し、小沢中将の指揮への批判を書いている [] [] 。なお、同詳報では突入作戦にも触れ、アメリカ軍上陸から2日以内、敵の体制が整わぬうちに突入する予定であったものを、既に相手の体制が整っている2日以上も経った状態で突入し、案の定敵の熾烈な迎撃を受けて壊滅したことを指し「何ら術策を用いず単純に突入することはまさに自殺行為」「単純なる無謀の勇猛果敢の如きは国家を危うくするものなり」と水上艦隊を期日を過ぎても突入させようとしたことに対してかなり辛辣に批判している [] 。. こうした状況判断により、陸軍は レイ テ 島 での 決戦 を 目 指 しルソン 島 から レイ テへへの兵員増強を強化、 海 軍も多号 作戦 で護衛 作戦 を展開し多くの艦艇を失う事になる。.

と報告したが、栗田艦隊に届いたのは25日の6時30分でサマール沖でタフィ3を発見しようとしていた頃だった [] 。.

  • ロンドン海軍軍縮会議 オレンジ計画 排日移民法 防共協定 日中戦争 日独伊三国同盟 日ソ中立条約 東亜新秩序 日米交渉 仏印進駐 関東軍特種演習 ABCD包囲網 帝国国策遂行要領 タイ・仏印戦争 ハル・ノート.
  • シブヤン海 に差し掛かった栗田艦隊は24日8時10分、旗艦大和の見張り員が敵偵察機を発見。アメリカ軍に見つかったことを知る [] 。この機はアメリカ軍第38任務部隊索敵隊(カボット、イントレピッド)の機で、同乗の モート・エスリック 中佐は8時20分、「戦艦4隻・重巡洋艦8隻・駆逐艦13隻」と報告する [] 。この時第38任務部隊は第2群(指揮:ボーガン、空母5隻基幹)が サンベルナルジノ海峡 付近に、第3群(指揮:シャーマン、空母4隻基幹)が ルソン島 の東に、第4群(指揮:デヴィソン、空母4隻基幹)がレイテ島付近にいた。また、第1群(指揮: ジョン・S・マケイン・シニア 中将、空母4隻基幹)は補給のため移動中だった。ハルゼー大将は第2・3・4群の3個群を以って栗田艦隊に対し攻撃を開始することを決める。.
  • 秋月 初月 朝雲  浦波  早霜 満潮  山雲  藤波 野分  若葉   不知火.
  • クラーク 北.

[11] 4 6. 271328 122 []. C 624 78 31255 Reno-V [31] 5 [32]. 7 [] []. 44. 10 .

「レイテ沖海戦」の流れを簡単に解説。神風特攻隊とは

カテゴリ : 太平洋戦争の作戦と戦い フィリピンの歴史 レイテ州. 重巡  「 鈴谷 」 「 筑摩 」 「 鳥海 」. と証言している。第一戦隊航空参謀兼大和飛行長だった 伊藤敦夫 は深井の証言しているような「宇垣第一戦隊司令が怒鳴っていた」という事実は無く、レイテ突入を主張していたことについては記憶に無いと証言している [] [注釈 45] 。. この 電報 が、いままで私のところへとどかなかったのはどういうわけか。 着信してから、なぜこんなに遅れたのか。まだほかにないか。.

7 7. 25 [] [] [] [] 1.

知っておきたい:

コメント

  1. 鬼怒も14時過ぎには航行不能となり、左近允は救援要請を出す。17時20分戦死者83名と共に パナイ島 北東で沈没 [] 。2隻の生存者は後続していた輸送艦に救助され、輸送艦第9号10号が左近允、鬼怒艦長の 川崎晴実 大佐以下鬼怒生存者名以上、浦波の生存者94名を救助した。. この日の 日中 、機動部隊本隊を発見出来ない ハル ゼー艦隊は、シブヤン 海 の第一遊撃部隊を集中攻撃。更に 貴 下の3個群から 高速戦艦 を引き抜いてリー 中将 指 揮の第 34 任務部隊を編成して、第一遊撃部隊と 砲 撃戦をするべく準備する事を各部隊に通達する。一方 栗田 長官の「悲鳴」に対し 小沢 長官は、 早 く自艦隊を ハル ゼーに発見させるべく、1 4時 30 分付で前衛の 戦艦 「 伊勢 」「 日向 」と 駆逐艦 隊を分離 派遣 (電信、 連合艦隊 ・第一遊撃部隊ともに受信)。 16時 30 分頃、ついに艦隊は 米 索敵機に発見される (電信、 連合艦隊 受信、第一遊撃部隊含め受信せず) 。.
  2. 何故このような地点の異なって受電されたのかは原因は不明だが、 現在 考えられる説の一つとしては、上記の 彩雲 偵察機 がサ マール 沖 で戦う日 米 艦艇の幾隻かを視認し、これを報告しようとしたが、通信機の不調で中々上手く送信できず、基地に帰ってから打電した。だが実際には不 完 全ながら飛んでいて、その 電波 を中継所傍受してそのまま広域 無 線で発信したか、各部隊がそれを直接傍受したが不 完 全なものだったのでそれぞれが位置 情報 が異なる内容となった。というのもある。.

コメントを追加

サイトに公開する前に、あなたのコメントがモデレートのために送信されます。

© 2020 airbox-music.com | 利用規約 | 連絡先 |