野球 球 重い 軽い

公開日: 17.11.2020

ストレートって真っ直ぐ飛んでいるように見えますが、地球上では重力が働くので実際はただ落ちていっています。 ただしバックスピンがかかっていると、マグヌス効果で上向きの力を受けるので思ったより落ちません。浮きあがる軌道をする訳ではありません(2回目)。. JAPAN IDを暗号化するなど、個人を特定することができない情報に処理したうえで投稿内容、投稿日時などの投稿に関する情報を大学、独立行政法人などの研究機関に提供します。 Yahoo!

バッティングの中で重要な要素は、打球速度(スイングスピード)・バットがボールに対して入る角度、そして打球にスピンをかけるということです。 特にボールにバックスピンをかけて飛ばすことは、バッティング技術のひとつです。 「ノビ」あるストレートと同様に、バックスピンのかかった打球は落下しにくく、速度も落ちにくいことになります。その結果飛距離も伸びます。. 武井 優子 留学アドバイザー. 関連度の高い質問 一覧を見る. 現在JavaScriptが無効になっています。 Yahoo! まず速いボールというのは、ものすごく空気抵抗を受けます 。車から顔や手を出したらすごい空気抵抗を感じるように、速くなればなるほど空気抵抗は大きくなります。 空気抵抗を受ければ、当然減速していきます。速いボールの方が初速と終速の差は大きくなります。. Solid start to SpringTraining from BauerOutage with three clean innings today! 閉じる さらに詳しく.

pic. www. JavaScript Yahoo.

関連度の高い質問 一覧を見る. コメント 5. 球質の違いとは?~球の伸びと切れ・重い軽い~ 投手の投げる球を表現する時に時折使用される"伸び ノビ "と"切れ キレ "、"重い軽い"。 なんとなく感覚では分からなくも無いですが、結局実際のところはどうなのか? それを考察してみたいと思います。.
  • お返事ありがとうございます。 おっしゃりたいことのイメージは理解できており、主張したい結論もわかるのですが、それはなぜなんだろうなと思った次第です。 打者から見て元々打ちたい打球の回転方向(バックスピン)と逆方向に回転がかかっているボール(左図)の方が摩擦がかかって回転をかけやすいから、とか 打ちたい打球の回転方向(バックスピン)と向かってくる球の回転方向が同じボール(右図)は何かしらのロスがあるから、とか その辺の一段深い部分の理由が知りたいです。 というのも、似たようなことを漠然と考えたことがあって 自分の中でも球の伸びで勝負する投手が長打を食らいやすい印象を持っている(ばーぼんさんを支持する主張)一方で パワプロではバックスピンの成分が少ない変化球の方が飛びやすい設計になっていたり(ばーぼんさんと逆の主張)もするので、結論としてはどっちが正しいんだろうなと真実を探っている状態です。 厄介なコメントですみませんが、もしご意見お持ちでしたら参考にさせてください。. 同じ質量であるにも関わらず重たく感じる場合と言うのは微妙に芯を外れていたりするケースが多いです。 また、球威がある(ノビてくる・加速してくる)ボールというのは打者の予測打点よりも食い込んでくるために打点が遅れ重たく感じます。ストレートにしても指の長さやフォームによりボールのスピン数が異なります。スピンが多いと空気抵抗が安定するのでコントロールが良くなる半面、打者にしてみると予測しやすい=いいポイント(打点)で打てる=軽く感じるということになります。 一方で、スピンが少ないボールは空気抵抗で微妙に揺れています。予測して振ったとしても芯が外れたり、真芯で捕えにくいので結果的に打球は別にして【重たく感じる】ということになります。ムービングファストなどが例です。 145kmくらいのストレートをHRにした後に、同じようなタイミングで遅い変化球(カーブなど)を打つと重たく感じるのは反発力が無いので飛びにくいからです。ストレートというのは速ければ速いほど綺麗に芯を食うと遠くに飛びやすく出来ています。.
  • 知恵袋のすべての機能を利用するためには、javaScriptの設定を有効にしてください。 JavaScriptの設定を変更するには「 JavaScriptの設定方法 」をご覧ください。. そのバックスピンを減らすことで、上向きのマグヌス力を減らすことにつながりより重力によって下へ落ちていきます。 チェンジアップ系・フォーク系のボールはこのようにバックスピンをかける量を減らすことで、より重力の影響が大きくなって落ちることになります。.

同じ質量であるにも関わらず重たく感じる場合と言うのは微妙に芯を外れていたりするケースが多いです。 また、球威がある(ノビてくる・加速してくる)ボールというのは打者の予測打点よりも食い込んでくるために打点が遅れ重たく感じます。ストレートにしても指の長さやフォームによりボールのスピン数が異なります。スピンが多いと空気抵抗が安定するのでコントロールが良くなる半面、打者にしてみると予測しやすい=いいポイント(打点)で打てる=軽く感じるということになります。 一方で、スピンが少ないボールは空気抵抗で微妙に揺れています。予測して振ったとしても芯が外れたり、真芯で捕えにくいので結果的に打球は別にして【重たく感じる】ということになります。ムービングファストなどが例です。 145kmくらいのストレートをHRにした後に、同じようなタイミングで遅い変化球(カーブなど)を打つと重たく感じるのは反発力が無いので飛びにくいからです。ストレートというのは速ければ速いほど綺麗に芯を食うと遠くに飛びやすく出来ています。 ナイス 0 違反報告.

知恵袋カテゴリ 一覧を見る. 球質の違いとは?~球の伸びと切れ・重い軽い~ 投手の投げる球を表現する時に時折使用される"伸び ノビ "と"切れ キレ "、"重い軽い"。 なんとなく感覚では分からなくも無いですが、結局実際のところはどうなのか? それを考察してみたいと思います。. これはマグヌス力の影響でホップした分のエネルギーが、前に進む分の運動エネルギーから変換されるというような理解でいいと思います。 要するにホップした分だけ、速度が落ちていくようなイメージです。.

重い球 ピッチャー 原理 投げ方 反発力 軽い球 スピン.

  • では、肝心の打球に強いバックスピンを与えてしまう球とはどのような球なのか考えてみます。 それは強いバックスピンの球です。 詳しく説明すると難しい話になってしまうので簡単に説明してしまうと、 回転している物体は衝突した後も同じ回転を維持します。 なので、 強いバックスピンの球は打球に強いバックスピンを与えてしまう球になってしまいます 。. ストレートって真っ直ぐ飛んでいるように見えますが、地球上では重力が働くので実際はただ落ちていっています。 ただしバックスピンがかかっていると、マグヌス効果で上向きの力を受けるので思ったより落ちません。浮きあがる軌道をする訳ではありません(2回目)。.
  • お返事ありがとうございます。 おっしゃりたいことのイメージは理解できており、主張したい結論もわかるのですが、それはなぜなんだろうなと思った次第です。 打者から見て元々打ちたい打球の回転方向(バックスピン)と逆方向に回転がかかっているボール(左図)の方が摩擦がかかって回転をかけやすいから、とか 打ちたい打球の回転方向(バックスピン)と向かってくる球の回転方向が同じボール(右図)は何かしらのロスがあるから、とか その辺の一段深い部分の理由が知りたいです。 というのも、似たようなことを漠然と考えたことがあって 自分の中でも球の伸びで勝負する投手が長打を食らいやすい印象を持っている(ばーぼんさんを支持する主張)一方で パワプロではバックスピンの成分が少ない変化球の方が飛びやすい設計になっていたり(ばーぼんさんと逆の主張)もするので、結論としてはどっちが正しいんだろうなと真実を探っている状態です。 厄介なコメントですみませんが、もしご意見お持ちでしたら参考にさせてください。. 知恵袋のすべての機能を利用するためには、javaScriptの設定を有効にしてください。 JavaScriptの設定を変更するには「 JavaScriptの設定方法 」をご覧ください。.

CopyrightC  All Rights Reserved.

球質の違いとは?~球の伸びと切れ・重い軽い~

現在JavaScriptが無効になっています。 Yahoo! 武井 優子 留学アドバイザー. 上沢もジャイロフォークぽいな pic.

Solid start to SpringTraining from BauerOutage with three clean innings today.

ジャストミートするかどうかが原因説

同じ質量であるにも関わらず重たく感じる場合と言うのは微妙に芯を外れていたりするケースが多いです。 また、球威がある(ノビてくる・加速してくる)ボールというのは打者の予測打点よりも食い込んでくるために打点が遅れ重たく感じます。ストレートにしても指の長さやフォームによりボールのスピン数が異なります。スピンが多いと空気抵抗が安定するのでコントロールが良くなる半面、打者にしてみると予測しやすい=いいポイント(打点)で打てる=軽く感じるということになります。 一方で、スピンが少ないボールは空気抵抗で微妙に揺れています。予測して振ったとしても芯が外れたり、真芯で捕えにくいので結果的に打球は別にして【重たく感じる】ということになります。ムービングファストなどが例です。 145kmくらいのストレートをHRにした後に、同じようなタイミングで遅い変化球(カーブなど)を打つと重たく感じるのは反発力が無いので飛びにくいからです。ストレートというのは速ければ速いほど綺麗に芯を食うと遠くに飛びやすく出来ています。. 不適切な投稿でないことを報告しました。 閉じる. コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。.

  • 回転量が多くなると、マグヌス力が比例して大きくなるので上下横どちらにでも変化量が大きくなります。 ボールの変化量は回転量・スピン量に比例します。 (マグヌス力などの用語についてはここでは割愛するので、ググるかこちらでも読んでいただけると幸いです。).
  • 重い球や軽い球というのはピッチャーの投げ方やボールの握り方によって変わる球質のことです。 技術的にはむずかしいので軽い球と重い球の説明をします。 「軽い球」はスピンの効いたキレの良い球と言われるもので、日本人投手に多く見られます。下半身を使って腕を弓のようにしならせて投げると、ボールにバックスピンがかかり、ホップする球になります。代表的なのが阪神の藤川投手です。ボールを軽く握ることで腕や手首、指がスムーズに可動し多くのスピンをかけることができるのです。しかし、スピン量の多い球は反発力が大きいためによく飛びますから、スピードがなくなると危険です。 「重い球」はボールを強く、深く握るために手首のしなりが使えずスピン量の少ない球となります。手が大きくて体力のある外国人投手に多く、パワー(腕力)で腕を振って投げます。160キロを投げる大リーグの投手の速い腕の振りは筋力が強い証明です。スピン量の少ない重い球は反発力が低いためバットのしんで打っても打者の手元にずっしりとした感触が残ります。 このように一つのボールから投げ方や握り方、筋力の強さなどの違いから軽い球と重い球が生まれるのです。 ナイス 5 違反報告.
  • 基本的に、球の重い軽いは打者が打った時に飛距離が出るか出ないかということだと考えられます。 飛距離が出るのが「軽い球」、飛距離が出ないのが「重い球」となります。 よく、直球を本塁打にされる投手の球を「軽い球」と言ったりします。.
  • このカテゴリの回答受付中の質問 一覧を見る.

Sasanoha .

ピックアップニュース

コメント 5. いろんな物理現象が入り交じっ bourbontech Copyright(C) 野球の変化球の投げ方・握り方&球速アップ方法研究所 All Rights Reserved.

知っておきたい:

コメント

コメントを追加

サイトに公開する前に、あなたのコメントがモデレートのために送信されます。

© 2020 airbox-music.com | 利用規約 | 連絡先 |