集団 的 自衛 権 問題 点

公開日: 09.11.2020

コメントを残す コメントをキャンセル メールアドレスが公開されることはありません。 コメント 名前 メールアドレス サイト 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。 新しいコメントをメールで通知 新しい投稿をメールで受け取る. 集団的自衛権を認めれば日本も報復を受けます。 日本にテロが無いのは戦争をしていないならです。 もしもイラク戦争に日本も加わっていたら今頃日本は自爆テロの標的になっています。 一度戦争に加担したら最後まで敵国からはテロの報復を受けます。無差別です。 今朝、学校へ行った子供たちが自爆テロに合いもう帰ってこないのです。 テロの報復は終わりません。戦争よりタチ悪いです。 戦争はいけません。.

あとは、個人的には、物事は独自性を推し進めるべきだと思っています。 なので、日本だけが集団的自衛権の行使をしていないのなら、そのままその特性をもちながら、うまく立ち回れる技能を発揮するべきだとも感じます。 普通の人がしていなことをしてこそ(あるいは、普通の人がすることをしない)が、重要だと感じます。 外交で対等な立場が取れない、とあるようですが、日本のパスポートほど世界各国で通用するものもない、とも聞きます。それが日本の特性だとも感じます。.

集団的自衛権は、国連によって認められた「国家固有の権利」です。もしこれがなければ、国家は自らの軍事力だけで自国を守らなければならなくなり、国際社会は強さがすべてという秩序のない世界になってしまうでしょう。 ただ年まで日本は、集団的自衛権は行使できない、違憲の恐れがあるという態度をとってきました。明文化されているわけではありませんが、政府は憲法をそのように解釈してきたのです。 しかし年、安倍内閣による閣議決定で「集団的自衛権は行使できる」という解釈に変更されます。「あなたが危ない時には力になるから、私が危ない時には助けてほしい」と発言できるようになりました。 それまでの日本は、いわば「あなたが危ない時に助けてあげられないけど、私が危ない時は助けてほしい」としている状態。年に「湾岸戦争」が起きた際も、イラクに侵略されたクウェートに対し自衛隊を派遣することができず、経済援助のみにとどめた結果さまざまな国から非難を受けたことがありました。 ただ、憲法にはっきりと書かれているわけではないにも関わらず、内閣の解釈次第で違憲になったり、合憲になったりすることは問題だとの指摘があるのも事実です。今後、政権が変わるたびに解釈が変更される可能性もあるからです。 解釈の余地を許さないようしっかりと議論をしたうえで、憲法を改正することが必要なのではないかという意見もあります。.

オトメンパパさんが、日米同盟のおかげで 「世界最強の軍事国家である米軍がバックについている、日本には、どこの国も攻めてきません^^ これは事実で、計り知れないメリットです。」 と仰っていますが、すでに日米同盟があって、攻撃された場合にもアメリカが助けてくれるなら、わざわざ集団的自衛権を持つ必要はないのではないでしょうか? もちろん、対等な関係は結べないことは承知の上で、少しでも大儀のない武力行使に駆り出される可能性があるのなら、集団的自衛権を持つべきではない、という意見もありそうですが、いかがでしょうか?. また、テロに対する備えとして、宗教に関する紛争やイスラムに対する攻撃は、 上記の法整備に加えて、 日本は一切関与しない 、と国として表明すべきです。. さて、憲法9条ですが、私はもともとは改正して、侵略戦争の放棄は堅持、 国防軍はしっかり明記すべき、というスタンスなんですが、しばらくは改正に反対です。 こちらについては、近い内に記事にしようと思っています。. 徴兵令制度はないですよね? 返信する あさま、こんにちは。 ないですよ。 返信する.

また、集団的自衛権もやめます。アメリカが困難にあっても、日本は助けることはできません。だって平和憲法があるし。 その代わりに、日本にもし中国が攻めてくるようなことがあったら、しっかり助けてくださいね!お金は払いますから! アメリカ人の兵隊さんはたくさん亡くなるかもしれませんが、それでもお願いしますね!. 例えば、 オトメンパパさんの友達がとあるクラスメイトと意見が合わず、一色即発寸前だったとする。 ここできわどい状態だったとしても、けんかには至っていない。 そこに、オトメンパパさんが沈静化のために割って入るなら、知恵はいるけど争いを防ぐ、一般生活での当たり前なルール。.

60 .

一般の方に非常に判りやすく、冷静に纏められた文章だと感心して拝読しておりました。なかなかこのような冷静な説明は少ないですし。(感情的なものが多いように思います) お尋ねしたいのは、自衛権に「集団」「個別」などの区別(概念)を持ち込んでいるのは我が国くらいだったのでは?と記憶していますがどうでしょう? 自衛隊を保持する理由づけの為に、あえて「個別」を持ち出し、本来は区別されていない「集団」について議論してるように思います。 あるのは「自衛権」だけだったような。。。 その時点で特殊な国だなぁ。と思ってしまいます。 最近、よくシェアされる文章などに「戦争のできる国になる!」とかなんとかが多いですが、そもそも、正面装備に戦力投射能力が無い自衛隊が戦争できる訳がありませんし、兵員数も各国に比例しても極端に低く、短期の自衛が精一杯。予備役も少なく、重要施設を国内の騒乱時(戦時に呼応したテロなど)に守ることさえできないありさま。周辺国の軍事状況と我が国とを冷静に見つめると、現状でもそら恐ろしいようにすら感じます。 発の巡航ミサイルを食らいたくはないですしねぇ。 今後もわかりやすい解説を楽しみにしております。. メリットがよくわかりました。 ただ僕が心配なのは同盟強化をした結果、英国や米国のようにテロの標的になるんじゃないかと エゴと言われそうだけど、国外で自衛隊が立派な活動をするのはいい事だと思いますが、コッチに危害が及ぶのはカンベンだと思いません? 返信する あささま、こんにちは。 テロの標的になるのは確かに困ります。 返信する. コメントを残す コメントをキャンセル メールアドレスが公開されることはありません。 コメント 名前 メールアドレス サイト 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。 新しいコメントをメールで通知 新しい投稿をメールで受け取る.
  • アメリカにわざわざ攻撃をしかける国はないと思います。 ただ、アメリカの国力の減退により、今までのように、防衛を丸投げに近いことは、 今後できなくなります。 そのための集団的自衛権ですね。.
  • すごいわかりやすかったです! とても共感できました! 返信する ありがとうございます^^ 返信する. おすすめ 現代社会・社会課題 本棚ストーリー.

イマの話題を専門家が解説

さて、憲法9条ですが、私はもともとは改正して、侵略戦争の放棄は堅持、 国防軍はしっかり明記すべき、というスタンスなんですが、しばらくは改正に反対です。 こちらについては、近い内に記事にしようと思っています。. もしアメリカが中国に攻撃された場合、日本も一緒に反撃することになるってことですか? そうしたら中国は日本も攻撃するようになって危ないのではないでしょうか? 返信する あさま、こんにちは。 アメリカが攻撃される可能性より、日本が攻撃される可能性が高いので、 集団的自衛権が議論されているのだと思います。 返信する. テロや戦争のリスクはありますが、今のままだと中国に侵略される 可能性とリスクの方が大きいので、テロや戦争のリスクを回避するよう、 知恵を出し合う必要があるんだと思っています。. 憲法9条とは何か?3つの改正案を簡単解説! 憲法9条とは日本という国が自発的に戦争を行わないことを規定した憲法です。 緊迫する中東情勢や、混迷の北朝鮮を始め、日本において憲法改正の必要性を議論される機会も増えてきました。 憲法改正を議論する際、最も焦点となるのは、やはり戦争放棄を規定した平和主義の象徴9条です。 しかし「そもそも憲法9条とはどのようなものか知らない」という方もいらっしゃると思われます。 そこで今回は 前の記事 IMF 国際通貨基金 とは?簡単にわかりやすく説明!.

とてもわかりやすく冷静で客観的で、良い記事でした。とても論理的で信頼できます。 これまで「集団的自衛権=自ら戦争可能」だと思わされていましたが、誤解が解けました。 ありがとうございます。.

  • 問題は、この矛盾に対してどの様な行動を取るかということです。 つまり現状を容認するために憲法改正を行うべきとするか、あくまで憲法に現状を合わせるべき(日米安保は破棄)とするかの問題です。.
  • 返信をありがとうございます。 武器輸出にはそんな側面もあるのですね・・・。 今まで、日本には憲法9条があるから日本は戦争しないんだと、 それを誇りに思っていましたし、それで安心もしていました。 学校でもずっとそう習いますしね・・・。 でも9条はほんとにすばらしいと思うのです。。。 日本を知らなくても、殺さない国ということは知っていて、 イラクの方も、日本の自衛隊だけは信用してくれたとか・・・。 でも、世界の情勢などを色々と鑑みると、9条だけの力では・・・とも・・・。 正直、考えれば考えるほど、調べれば調べるほど、どうしたらいいかわからなくなります・・・。 日本はスイスのような国を目指しているととらえればよいのでしょうか。 スイスは、今回の容認について否定的なコメントを出しているようですが・・・。 日本からは仕掛けないこと、宗教紛争などには関与しないことを大前提に、 アメリカの仕掛けた戦いに、日本が連れていかれることがなければ、 要請に日本が拒否できれば、まだテロの心配も少ないのかなと思いますが・・・。 テロについては、対応などについて政府からの報道では何もされませんよね。。。 それにイラクなどに行くことはあり得ないと言っていますが、 その根拠がよくわからないというか・・・。 原発も再稼働といっているし、止まっているだけでも地震などで私たちにとって脅威なのに、 さらにテロの標的にされたら・・・。 そしてアメリカだけでなく、アジアの国々からもきっと要請がきますよね。。。 その要請を受けることで、ゆくゆく中国と争うことになってしまったら・・・。 もう本当に恐ろしいです。毎日毎日、恐ろしいです。 反対の方々は、徴兵制にも言及されてますよね。 アメリカのように、経済的徴兵のような形になってしまったら・・・。 本当に何が正しいのか・・・。何を信じればいいのか、何をすればいいのか。 でもこちらに辿りつくことができて本当によかったです。 まだ9条を手放す方に動くには気持ちの面でついていかないところもありますが、 視野はとても広がりましたし、理論的に理解できた気がします。 これからも記事を読ませていただこうと思っています。 そして母親が暗くなっていてはいけないので、がんばって毎日笑顔でいます。. アメリカにわざわざ攻撃をしかける国はないと思います。 ただ、アメリカの国力の減退により、今までのように、防衛を丸投げに近いことは、 今後できなくなります。 そのための集団的自衛権ですね。.

集団的自衛権について詳しく見ていく前に、まずは「自衛権」の意味について理解しておきましょう。 自衛権とは、「自分の身を防衛する権利」のことで、国家だけでなく、私たち国民それぞれにも当然備わっている権利です。. 集団的自衛権は、国連によって認められた「国家固有の権利」です。もしこれがなければ、国家は自らの軍事力だけで自国を守らなければならなくなり、国際社会は強さがすべてという秩序のない世界になってしまうでしょう。 ただ年まで日本は、集団的自衛権は行使できない、違憲の恐れがあるという態度をとってきました。明文化されているわけではありませんが、政府は憲法をそのように解釈してきたのです。 しかし年、安倍内閣による閣議決定で「集団的自衛権は行使できる」という解釈に変更されます。「あなたが危ない時には力になるから、私が危ない時には助けてほしい」と発言できるようになりました。 それまでの日本は、いわば「あなたが危ない時に助けてあげられないけど、私が危ない時は助けてほしい」としている状態。年に「湾岸戦争」が起きた際も、イラクに侵略されたクウェートに対し自衛隊を派遣することができず、経済援助のみにとどめた結果さまざまな国から非難を受けたことがありました。 ただ、憲法にはっきりと書かれているわけではないにも関わらず、内閣の解釈次第で違憲になったり、合憲になったりすることは問題だとの指摘があるのも事実です。今後、政権が変わるたびに解釈が変更される可能性もあるからです。 解釈の余地を許さないようしっかりと議論をしたうえで、憲法を改正することが必要なのではないかという意見もあります。.

まあ、それを書いたところで、理解する気などないのでしょうし、平行線なのは目に見えてますので 苦笑 、もう時間は取らせません。 ただ、ご意見を聞きたいという事でしたので、書かせていただきました。. 安全保障にかかわる議論は、とかく噛み合わないことが多いです。 一方が現実に即して合理的に議論を提起しているのに対し、もう一方が過去に軸足を置き、感情論や道徳論を中心に据えることがその要因だといえるでしょう。 集団的自衛権の行使を容認した日本。これからは、誰が敵で誰が味方なのかを選ぶことを強いられ、また敵と判断した相手を殺してもいいのかというジレンマに陥ることになります。 ではそのような状況はどうすれば防ぐことができるのか、戦争を起こさないためにはどうすればよいのか、そしてそもそもなぜ戦争が起きるのか分析して考える一冊です。.

『集団的自衛権行使を可能にする解釈改憲に反対する緊急声明』

そのスイスの民間防衛は国民が自動小銃を一家に一台持ち国民皆兵の徴兵制ですから賛成派のオトメンパパさんにスイスのような国を目指していると言われると集団的自衛権により経済的徴兵制の不安が増しますがいかがでしょうか? 国防意識が大切ですが日本は治安が良く一般人が銃を一般人が持たない国として評価されています。9条が条件で親日の国もあります。 今は中国が世界の脅威でしょうが集団的自衛権容認で他国との戦争に参加し日本が戦前のように中国のような帝国主義だと思われたら損をするのは日本なのでやめた方が良いと思います。 同盟って利害一つで反故にされるのでもし中国との関係を重視しているアメリカは日本が中国と戦争になった場合アメリカが守ってくれる保証なんてどこにもないのです。 返信する 名無しさん、こんにちは。 ん? 私は、日本は「スイスのような国を目指していない」と、思っていますよ。 日本は絶対に目指せないでしょう。 徴兵制は日本人に受け入れられないと思いますし、中立をするための軍事力を持つことも経済的にできません。 日本は国防のために、日米同盟を強化するのが一番だと思っています。 返信する.

あと、安倍首相の戦争屋疑惑ですが、私には安倍首相の言動を見ていて、「戦争をしたくてたまらないっ」て感じには見えません。 逆に戦争を避けようとするための行動で、万が一の有事の際は、ちゃんと日本を守れるようにしているように(特に米軍が日本を守るように)見えます。. 昨今北朝鮮によるミサイル実験、中国による尖閣諸島海域への艦船の進入、韓国による竹島の実効支配…などなど、日本と周辺国をめぐる軍事的な緊張は高まっていると言えます。 こうした現状の一方で、日本国憲法においては「すべての軍事力を放棄し、国の交戦権は認めない」とする規定(第9条)があります。. 集団的自衛権のメリットが、わかり易く理解出来ました。 そこで、疑問ですが、軍事力のあるアメリカに勝てもしないのに、わざわざ攻撃をしかける国があるのか?

  • しかし、現状これらのことを守っていくには日本が厳しいことは重々承知しています。なので、これから日本は平和の国を新たな方法で守っていかなくてはいけません。  ロシアとの北方領土問題が突如画定されようとする中、目先の国土や海域などにとらわれず領土の画定に乗り切ることでロシアとの和解を図り、アメリカへ長年核の傘下としてあった日本が自ら考える国になったという意思表示をする事が今後度々必要になってくると思います。これまでのアメリカの機嫌取りのための弱々しい外交政策をするのではなく、日本の平和を願う意志でもって世界各国と良好な関係を築いていくことが戦争の渦に対抗する一つの手段なのかもしれません。  隣国である韓国との関係も、竹島は歴史的にも実行支配しているのも韓国なんだから日本はさっさと諦めて島根県の漁師たちを国でサポートなりなんなりして忘れることが先決です。それで戦後築いてきた関係を台無しにする方が罪だと思います。日本は今後も韓国と協力しあえる良好な関係であるべきです。  そのために私たち国民は様々な視点から世界の国々を理解しなくてはなりませんし、それは国内の私たちの間にも同じことが言えると思います。.
  • また、集団的自衛権もやめます。アメリカが困難にあっても、日本は助けることはできません。だって平和憲法があるし。 その代わりに、日本にもし中国が攻めてくるようなことがあったら、しっかり助けてくださいね!お金は払いますから! アメリカ人の兵隊さんはたくさん亡くなるかもしれませんが、それでもお願いしますね!.
  • 総理がどんなに大義名分を言おうとも、オトメンパパさんのいう、行使の条件を法律で…という理屈も攻撃された側には通用しない。 つまり、オトメンパパさんの最終的な「望まない戦争に巻き込まれるのはイヤだ」は叶わなくなる確立が高くなるのです。 だいたい、どこの国でもお偉方以外で望む戦争をする一般人などいるのですか? そうなれば、攻撃されて死ぬのも反撃されて死ぬのも、戦場に行く事など安全圏でぬくぬくしている国のお偉方ではなく、沽券や欲望とは無関係の国民である。 空襲が起きる事態になった場合、犠牲になるのは戦場に借り出された者達だけでは済まないのです。 よって、オトメンパパさん の考えは甘いと言わざるを得ません。.
  • 非常に分かりやすかったです。ありがとうございます。 返信する りょうさま コメントありがとうございます。 お役に立ったようで良かったです^^ 返信する.

10 … .

集団的自衛権とは何か、簡単に解説

新しい憲法解釈では、従来のように個別的自衛権と集団的自衛権との2つに分けること自体が合理的ではないと考えます。 すなわち、自衛権の行使にあたっては、我が国の同盟国に対する攻撃が行われた際に、「その攻撃によって我が国の国民の生命や権利に対する侵害が生じているのであるかどうか」が重要なのであって、このような侵害が生じているのであれば、個別的自衛権と集団的自衛権の区別によらず、自衛権の行使が認められるとします。. はじめまして。 集団的自衛権について、どのメディアが正しいことを伝えているのか不透明な状態だった時に、第三者的視点を探した際にこちらの記事を拝見させて頂き、とても参考になりました。有難うございます。 本来賛否両論であるべき内容を完全に悪とする風潮にこそ私は恐ろしいものを感じます。 特に、集団的自衛権が義務であるかのような報道が事実とは異なることには驚きを隠せません。.

とてもわかりやすく冷静で客観的で、良い記事でした。とても論理的で信頼できます。 これまで「集団的自衛権=自ら戦争可能」だと思わされていましたが、誤解が解けました。 ありがとうございます。.

知っておきたい:

コメント

  1. また、集団的自衛権を認めるために、自民党は、 憲法の解釈を変更する そうですが、どう変更するのでしょうか?.
  2. 安全保障にかかわる議論は、とかく噛み合わないことが多いです。 一方が現実に即して合理的に議論を提起しているのに対し、もう一方が過去に軸足を置き、感情論や道徳論を中心に据えることがその要因だといえるでしょう。. 最近ニュースで、 集団的自衛権 に関する 内容をよく見聞きするになりましたね。 議論の争点は、 日本が戦争のできる国になってしまい、 望まない戦争に巻き込まれていくのでは? というものです。 日本が集団的自衛権を行使すると、どうなるのでしょうか? 今の 平和に何か影響があるのでしょうか? 平和がなくなってしまうなら、大問題です。 そこで今回は、 集団的自衛権の問題点とメリット について わかりやすく、また、問題に対する 改善案 をご紹介したいと思います^^ 目次 集団的自衛権とは? 集団的自衛権の例 日本の現状は? 集団的自衛権の問題点は? 集団的自衛権を使えない現在の問題点とメリット 集団的自衛権を使えるようになった後の問題点とメリット! では問題点の改善点は? さいごに.
  3. 日本は朝鮮有事の際に、 拉致被害者奪還するという大義名分の下 韓国との軍事同盟は存在しないけど、 米海兵隊支援をして、北朝鮮に積極関与しますよー だから拉致被害者を返しておきましょう だと思いますが. そのスイスの民間防衛は国民が自動小銃を一家に一台持ち国民皆兵の徴兵制ですから賛成派のオトメンパパさんにスイスのような国を目指していると言われると集団的自衛権により経済的徴兵制の不安が増しますがいかがでしょうか? 国防意識が大切ですが日本は治安が良く一般人が銃を一般人が持たない国として評価されています。9条が条件で親日の国もあります。 今は中国が世界の脅威でしょうが集団的自衛権容認で他国との戦争に参加し日本が戦前のように中国のような帝国主義だと思われたら損をするのは日本なのでやめた方が良いと思います。 同盟って利害一つで反故にされるのでもし中国との関係を重視しているアメリカは日本が中国と戦争になった場合アメリカが守ってくれる保証なんてどこにもないのです。.

コメントを追加

サイトに公開する前に、あなたのコメントがモデレートのために送信されます。

© 2020 airbox-music.com | 利用規約 | 連絡先 |