マーケット・ ガーデン作戦 映画

公開日: 15.07.2020

このためイギリス海峡に面した港湾を確保し、新しい補給路を構築することが早期進撃再開のために必要と考えられた。アントウェルペンは世界有数の良港であり、クレーンなどの港湾設備が残存していたため、連合軍にとってイギリス海峡に面した新たな補給拠点になる重要な候補であった。しかし港湾設備の大半は スヘルデ川 を遡上した内陸にあり、また内水への航路上にはまだ 機雷 が敷設されていたため掃海の必要があった。唯一利用可能な河口域(オランダ領)の施設はドイツ軍が排除されておらず、港湾としての機能が果たせない状態にあった。河口域南岸のドイツ軍残存部隊に対してはカナダ第1軍が掃討作戦を展開中であったが、北岸のドイツ軍は手付かずの状況にあり、この地域のドイツ軍を残存させることはアントウェルペン港完全解放、ひいては連合軍全体の補給の障害となっていた。. 更に事態を悪化させたのは、イギリス軍の無線機不調であった。イギリス軍の使用する長距離 VHF 無線機は誤った水晶を積んでいたため、送受信可能な周波数帯を作戦参加部隊では使用されていないものしか持てなかった。また、旅団間の通信に使われた短距離無線機は出力不足で電波が届かず、更には周波数の設定が誤ってドイツとイギリスの公共放送のチャンネルに合わせられていたため、無線による部隊間通信が不可能になった。現場では航空支援を得るための通信だけでも確保しようと長距離無線機を修理する努力が払われたが、2基ある無線機のうち1台は敵の迫撃砲火によって破壊され、もう1台も通信不能で放棄された。これは、使用する周波数に適合した長さのアンテナが装着されていなかったためである。.

この記事は 検証可能 な 参考文献や出典 が全く示されていないか、不十分です。 出典を追加 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 年2月 ).

ルントシュテットの着任により、兼任を解かれ B軍集団 司令官の専任となったモーデル元帥は、司令部をアーネムのすぐ西に位置するオースターベークに移した。B軍集団はベルギー・オランダ方面を侵攻・防衛するための歩兵が主力の部隊であったが、A軍集団(フランス侵攻部隊)の事実上の壊滅により撤退中のSS装甲師団も臨時に統括することになる。またフランス北部から撤退した第15軍( グスタフ=アドルフ・フォン・ツァンゲン 大将)の残存兵力も合流させた。.

年月日 : 年 9月17日 - 25日. ゲルト・フォン・ルントシュテット 元帥 (西方総軍司令官). ゲルト・フォン・ルントシュテット ヴァルター・モーデル クルト・シュトゥデント ヴィルヘルム・ビットリヒ グスタフ=アドルフ・フォン・ツァンゲン. 最終更新 年11月10日 日 (日時は 個人設定 で未設定ならば UTC )。 テキストは クリエイティブ・コモンズ 表示-継承ライセンス の下で利用可能です。追加の条件が適用される場合があります。詳細は 利用規約 を参照してください。 プライバシー・ポリシー ウィキペディアについて 免責事項 開発者 統計 Cookieに関する声明 モバイルビュー.

ツール リンク元 関連ページの更新状況 ファイルをアップロード 特別ページ この版への固定リンク ページ情報 ウィキデータ項目 このページを引用. この時点で第1空挺軍のほとんどは計画地点に降下しており、唯一の例外が三日目の遅くに第三陣として降下する予定のポーランド第1独立パラシュート旅団であった。オーステルビークの第1空挺軍からは、フロスト中佐の部隊を支援するための別の試みがなされたが、ドイツ軍の抵抗は強力なものだった。橋に到達するいかなる可能性も無い様に考えられ、派遣された救援部隊は町の西、オーステルビークに防衛線を形成するため撤退してしまった。三日目の早朝にはアーネム橋の北端を占拠するフロストの元に投降を呼びかける使者が派遣されたが、これは無視された。その間に橋にはドイツ軍の戦車が到着した。午後には ティーガー がフロストの部隊が潜んでいる北岸の建物に対して直撃の距離から砲撃を開始した。.

21 UTC - Cookie. 9SS PIAT 2702210SS14.

  • リチャード・アッテンボロー [3].
  • マーケット・ガーデン作戦 (マーケット・ガーデンさくせん、Operation Market Garden)は、 第二次世界大戦 中の年9月に行われた 連合国 軍の作戦。 連合軍が ドイツ 国内へ進撃する上で大きな障害となる オランダ 国内の複数の河川を越えるために、 空挺部隊 を使用して同時に多くの橋を奪取する作戦であった。またこれは、同時にオランダの港湾施設を使用可能状態にして、補給線が伸びきっていた連合軍の兵站問題を解決する上で重要な作戦でもあった。.

ルントシュテットの着任により、兼任を解かれ B軍集団 司令官の専任となったモーデル元帥は、司令部をアーネムのすぐ西に位置するオースターベークに移した。B軍集団はベルギー・オランダ方面を侵攻・防衛するための歩兵が主力の部隊であったが、A軍集団(フランス侵攻部隊)の事実上の壊滅により撤退中のSS装甲師団も臨時に統括することになる。またフランス北部から撤退した第15軍( グスタフ=アドルフ・フォン・ツァンゲン 大将)の残存兵力も合流させた。.

戦死・戦傷 3,, 戦車 ・ 自走砲 80両 航空機 機. ドイツ側にとっても事態はそれほど良くなかった。理由の大半は何が起こっているかはっきりしなかった点にある。偶然オースターベークに司令部があった モーデル は、戦略的に意味が何も無いはずである場所(オースターベーク)に突然降下してきたイギリス軍によって完全に混乱し、自らを誘拐しにきたゲリラ部隊であると結論を下した(空挺部隊による要人奪取については ドイツ空軍 による ムッソリーニ救出 など前例があり、荒唐無稽な発想ではない)。一方の第2SS装甲軍団を指揮する ヴィルヘルム・ビットリヒ 親衛隊中将 は事態を明確に把握していた。彼は橋の防御を強化するためにナイメーヘンへ第9SS装甲師団の偵察隊を直ちに送った。オースターベークの司令部からアーネム東部の ドゥーティンヘム の司令部に避難してきたモーデルに対しビットリッヒはナイメーヘン、アーネムの橋の爆破を進言したが却下された(「きたるべき反攻の日のために」)。ビットリッヒは唖然としたが、いざと言う場合には自分の責任においてナイメーヘンの道路橋を爆破しようと部下に爆破の準備をさせた。アイントホーフェンの北西、 フュフト で指揮を執っていたシュトゥデントの元には、墜落したグライダーから回収された重要な作戦書類、マーケットガーデン作戦の全計画(作戦目標、降下地点、時間表等)が届けられた。夜を徹して行われた テレタイプ による伝送により、マーケットガーデン作戦の全容は、オランダ駐留ドイツ軍の中枢に完全に把握されることとなった。.

南方では新たに到着した英第50歩兵師団(ノーサンブリア師団)がドイツ軍の確保する国道を攻撃した。翌日までにドイツ軍は排除され抵抗は終了した。ドイツ軍は撤退の際に大量の 地雷 を敷設していったため、道路の安全が確保されるのに数日を要した。回廊は安全になったがどこにも通じなかった。. ゲルト・フォン・ルントシュテット ヴァルター・モーデル クルト・シュトゥデント ヴィルヘルム・ビットリヒ グスタフ=アドルフ・フォン・ツァンゲン. ガンジー 年 コーラスライン 年 遠い夜明け 年.

  • アイゼンハワーはその死までマーケット・ガーデン作戦に行う価値があったと信じた。 コーネリアス・ライアン は アイゼンハワー の発言を引用する。「
  • コーネリアス・ライアン の著作『遙かなる橋』( A Bridge Too Far )を原作として、俳優で、後に映画監督としても大成する リチャード・アッテンボロー が映画化した。日本公開は年7月2日。.

112. B BASS15. 230.

英第1空挺部隊によるアーネムの橋の確保は困難を極めた。第1パラシュート旅団の三個大隊のうちの二つは、たまたま降下地点付近に駐屯していた第16装甲擲弾訓練予備大隊(セップ・クラフト 親衛隊少佐 麾下)、および 第9SS装甲師団「ホーエンシュタウフェン」 の一部の攻撃を受け進撃速度が遅れた。残りの ジョン・フロスト 中佐に指揮された第1パラシュート旅団第2大隊は幸いにも無防備な進撃路を発見した。途中にあった鉄道橋はドイツ軍に爆破されたが、19時半にはアーネムの道路橋に到着し防御陣地を形成した。しかし、残りの二個大隊は、後方から来た敵の増援により進撃が遅れた。よって降下第二陣を待ち、翌日の再攻撃が決定された。ドイツ側は降下地点(オースターベーク付近)からアーネム周辺の防衛線としてクラフト少佐の残兵と第9SS機甲師団を中核とした16の部隊をルートヴィヒ・シュピンドラー 親衛隊中佐 が組織するシュピンドラー 戦闘団 として再編した。.

オランダ 領内にある ドイツ軍 は 敗残兵 も多かったが、待ち構えている ドイツ軍 将官は経験豊富・ 能 力 も高い二人の 元帥 がそれぞれ部隊を率いていた。 ルン トシ ュテット 元帥 は オランダ 領内に展開している ドイツ軍 をかき集め8万5千の兵 力 を再編中であったし、モーデル 元帥 はもともとのB軍集団に加え フランス 領内から敗走していた旧A軍集団残存兵 力 および数は 激 減 2割ほど していたものの SS 装甲師団も臨時に 指 揮下に加えていた。かつ ベルギー - オランダ の運河沿いには ドイツ軍 空 挺部隊創設者でもある シユ トウ デント 上級 大将 が配置され、 敗残兵 だけでなく精鋭の降下猟兵 空 挺兵 3千を手元に 掌 握していた。 連合 国 軍はおそらく ドイツ軍 がその時点で望み得ることが出来る最良の兵 力 ・ 指揮官 が待ち構える場所へと進軍する羽 目 なっていた。. ジェームズ・M・ギャビン 准将 ( 第82空挺師団 長).

ウィキメディア・コモンズには、 遠すぎた橋 に関連するメディアがあります。.

35 …! 8 825 94211 .

しかし、これは非常にアラが 目 立つ 作戦 計画だと言わざるを得ない点が多々あった。. このような 齟 齬が発生していただけではなく、 作戦 開始直前、連合 国 軍偵察により最北のアーネム 郊外 に SS 装甲師団が配置されていることが確認されてはいたのが、この 写真 は破棄され 事実 を伝えられることはなかった。 また 空 挺部隊を運ぶ グライダー の輸送量は必要とされる半分の輸送量しかないことも直前に判明するだけでなく、降下 ポイント にも問題があることが判明。アーネムにかかる 橋 から遠い場所が選ばれるなど、 まともな 作戦 開始前とは思えない不手際、泥沼が生じていた。. リチャード・アッテンボロー [3]. ギュンター・ブルーメントリット 少将 (西部方面軍参謀長).

  • 米第空挺師団 はベストを確保するため前日に南側に送られ、新たな攻撃に直面し土地を明け渡した。しかしながらイギリス軍の戦車が到着しドイツ軍は午後遅くに撃退された。その後 パンター がゾンに到着し、ベイリー橋に砲撃を始めた。しかし二両のパンターは新たに投下された対戦車砲によって撃破され、橋は守られた。.
  • ジェームズ・M・ギャビン 准将 ( 第82空挺師団 長).
  • ノルマンディー上陸作戦 後の年8月、 ファレーズ・ポケット などで ドイツ軍 に大打撃を与えた連合軍は、それまでの停滞した戦線と異なり急速な進撃を開始した。8月25日には パリを奪還 、9月4日にはイギリス第21軍集団揮下のカナダ第1軍が ベルギー の アントウェルペン (アントワープ)を奪還していた。.
  • 空軍 気象観測将校.

41, 1 2 1. VHF 211! 230.

案の上 作戦 は第1日 目 から 混乱 を生じはじめていた。 グライダー などで降下した 空 挺部隊は ノルマンディー上陸作戦 とは異なり、兵 力 をまとめることに成功していた。が、降下場所が 目 標である 橋 から遠かったり、装備を失ったり、 ドイツ軍 の抵抗にあい 橋 の確保に 失敗した 部隊もあった。極めつけは本当に考えられない理由 適切な周波数で通信するために必要な 水晶 を間違って通信機に入れたため通信できない、近 距離 用の 無 線機は 原因不明 の故障 から 無 線機が使用できなかったため、部隊間の通信はままならず、 作戦 司 令 部との連絡もままならなかった。 まともに 戦争 する気があるか問われても致し方ない準備の 杜撰 さ だった。.

マーケット・ガーデン作戦 (マーケット・ガーデンさくせん、Operation Market Garden)は、 第二次世界大戦 中の年9月に行われた 連合国 軍の作戦。 連合軍が ドイツ 国内へ進撃する上で大きな障害となる オランダ 国内の複数の河川を越えるために、 空挺部隊 を使用して同時に多くの橋を奪取する作戦であった。またこれは、同時にオランダの港湾施設を使用可能状態にして、補給線が伸びきっていた連合軍の兵站問題を解決する上で重要な作戦でもあった。. 英第1空挺部隊によるアーネムの橋の確保は困難を極めた。第1パラシュート旅団の三個大隊のうちの二つは、たまたま降下地点付近に駐屯していた第16装甲擲弾訓練予備大隊(セップ・クラフト 親衛隊少佐 麾下)、および 第9SS装甲師団「ホーエンシュタウフェン」 の一部の攻撃を受け進撃速度が遅れた。残りの ジョン・フロスト 中佐に指揮された第1パラシュート旅団第2大隊は幸いにも無防備な進撃路を発見した。途中にあった鉄道橋はドイツ軍に爆破されたが、19時半にはアーネムの道路橋に到着し防御陣地を形成した。しかし、残りの二個大隊は、後方から来た敵の増援により進撃が遅れた。よって降下第二陣を待ち、翌日の再攻撃が決定された。ドイツ側は降下地点(オースターベーク付近)からアーネム周辺の防衛線としてクラフト少佐の残兵と第9SS機甲師団を中核とした16の部隊をルートヴィヒ・シュピンドラー 親衛隊中佐 が組織するシュピンドラー 戦闘団 として再編した。.

このためイギリス海峡に面した港湾を確保し、新しい補給路を構築することが早期進撃再開のために必要と考えられた。アントウェルペンは世界有数の良港であり、クレーンなどの港湾設備が残存していたため、連合軍にとってイギリス海峡に面した新たな補給拠点になる重要な候補であった。しかし港湾設備の大半は スヘルデ川 を遡上した内陸にあり、また内水への航路上にはまだ 機雷 が敷設されていたため掃海の必要があった。唯一利用可能な河口域(オランダ領)の施設はドイツ軍が排除されておらず、港湾としての機能が果たせない状態にあった。河口域南岸のドイツ軍残存部隊に対してはカナダ第1軍が掃討作戦を展開中であったが、北岸のドイツ軍は手付かずの状況にあり、この地域のドイツ軍を残存させることはアントウェルペン港完全解放、ひいては連合軍全体の補給の障害となっていた。.

知っておきたい:

コメント

  1. アイントホーフェンでは 第空挺師団 と様々なドイツ部隊との戦闘は継続しており、結局弾薬不足の車両を残して数両のパンターの再突撃が道路を分断した。.
  2. マクスウェル・D・テイラー 少将 ( 第空挺師団 長).

コメントを追加

サイトに公開する前に、あなたのコメントがモデレートのために送信されます。

© 2020 airbox-music.com | 利用規約 | 連絡先 |