鍋島直茂 子孫

公開日: 31.10.2020

永禄 12年( 年 )、 大友宗麟 が侵攻して来ると、隆信に籠城を進言し、同時に 安芸 毛利氏 に大友領への侵攻を要請した。 元亀 元年( 年 )の 今山の戦い では、家中が籠城に傾く中で夜襲を進言し、夜襲隊を指揮して 大友親貞 を撃破する。以降、龍造寺家内での存在感を大いに増した。また、この勝利を記念して、鍋島家の家紋を剣花菱から大友家の杏葉へと替えた [3] 。.

表示 閲覧 編集 履歴表示.

江戸時代に入り、 龍造寺高房 は幕府に対して佐賀藩における龍造寺氏の実権の回復をはたらきかけた。しかし、幕府は直茂・勝茂父子の龍造寺氏から禅譲を認める姿勢をとり、隆信の弟・ 龍造寺信周 や 龍造寺長信 らも鍋島氏への禅譲を積極的に支持した。このため、勝茂は幕府公認の下で跡を継いで、龍造寺家の遺領(検地による高直しで35万7千石。後述)を引き継ぎ佐賀藩主となり、父の後見下で藩政を総覧した。. 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』. 龍造寺隆信と鹿子天満宮 天文20年 豊後の大友義鎮(宗麟)並びに佐賀隣郷の豪族等と少貳家再興を企図して、佐賀城を襲撃しようとするのを知り、隆信は大勢の不利なことを悟り、一時筑後柳川の一木村に避けた。鍋島清房等もこれに従って行った。 天文21年隆信は旧領回復をはかったが、失敗した。 天文22年隆信は早田次郎左衛門等を使者として与賀郷鹿子天満宮に参って、鹿子の古賀民部の尽力によって、久米、徳久、村岡、末次、飯盛の5人の郷長と 佐賀県 佐賀市 本庄町の 高伝寺.

常照院は、もとは本善院と言い、永享元年 に、戦国時代小城、佐賀地方に勢力を有した千葉一族の石井忠国が開いた寺です。天正8年 に忠国の子孫で藩祖鍋島直茂の妻陽泰院の実父石井常延の死去に際して、一時移されていた寺を元の石井家の屋敷(現在地)に戻しました。 元和元年 に藩祖鍋島直茂が再興して鍋島家の祈願所としています。元和7年 に、常延の法名常照院常祝日教から寺名が常照院となりました。

357? 10 11 .

  • 祭神は菅原道真、倉稲魂神で創始年代は詳かでない。 龍造寺、鍋島歴代藩主の崇敬が厚かった。 明治40年 の宮寄せの法令により東与賀村実久村にあった鍛冶屋天満宮を寄せ宮した。そのとき石燈籠(慶応元年施主鍛冶屋村、北御門治平外13名)唐獅子系狛犬(天保12年寄進、潮音寺伊勢次外45名)等を境内に移転している。. 正室 : 慶円 ( 高木胤秀 の娘) 継室 : 陽泰院 ( 石井常延 の娘) 側室 :井手口小左衛門の妹.
  • 父: 鍋島清房 、母:華渓( 龍造寺家純 の娘) 継母: 慶誾尼 、養父: 千葉胤連. 祭神は菅原道真、倉稲魂神で創始年代は詳かでない。 龍造寺、鍋島歴代藩主の崇敬が厚かった。 明治40年 の宮寄せの法令により東与賀村実久村にあった鍛冶屋天満宮を寄せ宮した。そのとき石燈籠(慶応元年施主鍛冶屋村、北御門治平外13名)唐獅子系狛犬(天保12年寄進、潮音寺伊勢次外45名)等を境内に移転している。.

天文20年 豊後の大友義鎮(宗麟)並びに佐賀隣郷の豪族等と少貳家再興を企図して、佐賀城を襲撃しようとするのを知り、隆信は大勢の不利なことを悟り、一時筑後柳川の一木村に避けた。鍋島清房等もこれに従って行った。 天文21年隆信は旧領回復をはかったが、失敗した。 天文22年隆信は早田次郎左衛門等を使者として与賀郷鹿子天満宮に参って、鹿子の古賀民部の尽力によって、久米、徳久、村岡、末次、飯盛の5人の郷長と カテゴリ : 鍋島氏 日本の氏族 九州地方の氏族 佐賀県の歴史 佐賀郡. ヘルプ ヘルプ 井戸端 お知らせ バグの報告 寄付 ウィキペディアに関するお問い合わせ. 鍋島茗荷 ( なべしまみょうが ) (定紋). 鍋島 直茂 (なべしま なおしげ)は、 戦国時代 から 江戸時代 前期にかけての 武将 、実質的には 大名 。 戦国大名 ・ 龍造寺隆信 の 家老 。 肥前 佐賀藩 の藩祖 [1] 。.

20 21 22 : ISNI LCCN VIAF. 12 33 726 [11] 96. 2, 46.

All rights reserved. 直正(閑叟) これら一連の動きを秀吉は高く評価し、 龍造寺政家 は、 豊臣秀吉 から 肥前国 7郡30万石を安堵されたが、朱印状は 龍造寺高房 宛となっている。鍋島直茂はうち3万石余(直茂・勝茂の合計高4万石)を与えられ [4] 、秀吉は政家に代わって国政を担うよう命じた。.

10 [] .

妙玉寺深堀領主の墓 深堀氏の先祖は三浦氏という。上総国深堀の住人で三浦深堀太郎左衛門尉仲光が、鎌倉時代の建長7年、肥前國戸八浦を賜ったので、来住して、地名を戸八浦より深堀と改める。(長崎市深堀町) 18代の孫深堀左馬助純賢茂宅入道は天正の初め、龍造寺隆信が西肥前彼杵・高来地方を攻略した時、純賢は真先に味方して、天正15年 に豊太閤(豊臣秀吉)より「朱印」(領地を確認した朱印状)を賜り、直参になった。 文禄元年 名前空間 ページ ノート. 勝茂 、 忠茂 、伊勢龍( 鍋島茂里 室)、千鶴( 多久安順 室)、彦菊( 諫早直孝 継室) 養子: 鍋島茂里 、 龍造寺高房 養女: 娘 ( 大田茂連 室).

  • 本庄千本松(東寺小路鍋島直茂誕生地)と相対し、飯盛千本松と呼ばれる場所に、飯盛天満宮がある。祭神は菅原道真公である。この飯盛千本松は、鍋島直茂の室、陽泰院の誕生地で、寛文9年 9月18日鍋島光茂(2代藩主)が、飯盛天満宮に御供料として高米3石4斗7升5合の寄進をなし、本庄千本松と同様に年々祭事を催してきたが、維新以来廃絶した。.
  • カテゴリ : 戦国武将 佐賀鍋島家 文禄・慶長の役の人物 佐賀藩の人物 日本の神 人物神 江戸時代 年生 年没.
  • 父: 鍋島清房 、母:華渓( 龍造寺家純 の娘) 継母: 慶誾尼 、養父: 千葉胤連.
  • 小城藩 家( 武家 ) 蓮池藩 家(武家) 鹿島藩 家(武家) 餅ノ木家.

25 [3] 2 ? 40 131245. : ISNI LCCN VIAF!

主たる 通字 は「 直 」(なお)。その他、初期の当主が「 経 」(つね)、「 清 」(きよ)、「 房 」(ふさ)などを、 鍋島直茂 以降の佐賀藩主継承者が「 茂 」(しげ、 鍋島重茂 は例外的に「もち」)を用いている。. 吉茂 (直利) 案内メニュー 個人用ツール ログインしていません トーク 投稿記録 アカウント作成 ログイン.

12 33 726 [11] 96. 12 357 .

知っておきたい:

コメント

  1. 検索結果 全部で2,件登録されています。 鹿子天満宮石燈籠 鹿子天満宮の社前には、鍛冶屋村のお宮から移した石燈籠と唐獅子系狛犬がある。  天保十二年 二月  石工筒井長右衛門 寄進(46名) 藩祖がひれ伏した鹿子天満宮 鹿子天満宮は、龍造寺隆信の祖父家純が太宰府天満宮の分霊を請い受けて祀りました。祭神は、菅原道真です。龍造寺隆信、鍋島直茂はじめ歴代藩主が崇め敬った神社でした。 『葉隠』に山本常朝は「佐賀藩の家老の安芸守(鍋島茂賢)が若い頃、天神の森で鳩を撃ち、それが外れたので腹を立て、当たらなかったのは天神の仕業である。憎き天神である。と二つの弾を込め宝殿を裏表に射抜いて帰り、このことを直茂に伝えた。これを聞い
  2. 勝茂 、 忠茂 、伊勢龍( 鍋島茂里 室)、千鶴( 多久安順 室)、彦菊( 諫早直孝 継室) 養子: 鍋島茂里 、 龍造寺高房 養女: 娘 ( 大田茂連 室). 天正 3年( 年 )、少弐氏の残党を全て滅ぼし、天正6年( 年 )には肥前南部の 有馬氏 ・ 大村氏 らを屈服させるという功績を挙げた。そして隆信が 隠居 して隆信の嫡男・ 龍造寺政家 が 家督 を継ぐと、政家の後見人を隆信より任された。.

コメントを追加

サイトに公開する前に、あなたのコメントがモデレートのために送信されます。

© 2020 airbox-music.com | 利用規約 | 連絡先 |