日本 戦車 チハ

公開日: 24.10.2020

歩兵戦車としては、登場時は列強の戦車と比べても標準的な性能であったが、後継車両の開発が遅延を重ねたため、旧式化した後も本車を使い続けざるを得なくなり、また前提としていなかった対戦車戦にも用いられたことで苦戦を強いられた戦車である。本車の場合のみならず、 アメリカ ・ イギリス と比較して資源が不足し技術力に劣り、 自動車産業 の発展に出遅れていた当時の日本では、自動車生産力の弱点が後の兵器開発に深く影響を及ぼす事になった。.

最終更新 年4月16日 木 (日時は 個人設定 で未設定ならば UTC )。 テキストは クリエイティブ・コモンズ 表示-継承ライセンス の下で利用可能です。追加の条件が適用される場合があります。詳細は 利用規約 を参照してください。 プライバシー・ポリシー ウィキペディアについて 免責事項 開発者 統計 Cookieに関する声明 モバイルビュー.

本来はチヘ 車 に搭載予定だった47mm 砲 搭載 砲 塔 をを試験用に搭載した 車両 だったが 戦車 学校 側からは好評であり、チヘ 車 の量産が遅れることになった他、 諸般の事情 からためそのまま量産された。一部 一式中戦車 の 砲 塔 を搭載したものが存在したというが詳細は不明。 なお、チハ 改 や九七式中戦車・新 砲 塔 はあくまでも後世に付けられた通称である。 主 砲 の貫通 力 は 徹甲弾 を使用した場合mの至近 距離 で 70 mm前後、 mでは約 65 mm、 mでは約 50 mmの垂直装甲 板 (均質圧延装甲 板 )をそれぞれ貫通できた(ただし、資料によって多少ばらつきがあるため一概に言えない)。 M4 を撃破するには遠くとも 40 0m以内の近 距離 に引き付け側後面を狙う必要があった。.

太平洋戦争の開戦初期において、フィリピンやビルマ方面には米英軍のM3軽戦車が合計両以上 米陸軍第戦車大隊54両、米陸軍第戦車大隊53両。英陸軍第7機甲旅団約両、文献によっては約両。 が配備されていた。M3軽戦車はカタログ上の総合性能では本車 旧砲塔型 を含む日本軍戦車を優越するものであったが、日本軍の攻勢によりこれらのM3軽戦車の大半を失うことになった。. 当時の他 国 中 戦車 と 比 べるとその容姿は……. 終戦時の時点で九七式中戦車は、日本本土の各部隊に57mm砲搭載型が74輌前後、47mm砲搭載型が輌前後、 南方軍 には31輌前後(搭載砲不明)が残存していたと思われる [70] 。本土の47mm砲搭載型が輌前後という数字は一式中戦車の生産数を輌とした場合であり、両車合計では輌前後が残存していたと推定される。また 砲戦車 の生産遅延対策として57mm砲搭載型が配備されていた事例も多く、57mm砲搭載型に関しては74輌よりも残存数は多いとされるが、57mm砲搭載型の車体を自走砲や砲戦車に転用された事例も多いと思われる。その他、 関東軍 ・ 支那派遣軍 における残存数は不明である。.

量産体制も整っていたとはいえず、三菱の他に 日立製作所 など複数メーカーに製造が分担された結果、制作されたエンジンは細部の仕様・部品が異なるという事態が生じた。また異なる燃料噴射装置(三菱製エンジンは三菱製か ボッシュ 製、日立製エンジンは日立製の燃料噴射装置を使用 が取り付けられていると互換性は無く [55] 、損傷戦車の使えるパーツをつなぎ合わせての再生が望めない。これらは補給、補充が不足がちな日本軍にとって大きな問題になった。また戦況により十分な試験研究がなされないまま制式化され、信頼性を十分に持たせることができなかった。これらの問題は、日本が戦車のディーゼルエンジン化を推進し始めてわずか数年程度と間もない頃であり、年時点では開発経験が少なかったことにも起因する。.

BT-7BT-5 923030! 15 cm 15 cm 15 M4 M3 ? [7]. 47M33 18.

マーク IV 戦車 雌型 マーク A ホイペット中戦車 ビッカースC型中戦車 6トン戦車 双砲塔型 カーデン・ロイド Mk. II ビッカースC型中戦車 インディペンデント重戦車 中戦車Mk.
  • エンジン は、同世代の他の 戦車 が ガソリン エンジン を用いることが多い中、チハの エンジン は 空 冷 ディーゼル だった。.
  • 装甲貫徹能力の数値は射撃対象の装甲板や実施した年代など試験条件により異なるが、年5月の資料によれば、一式四十七粍戦車砲とほぼ同威力の 一式機動四十七粍砲 では、一式 徹甲弾 ( 徹甲榴弾 AP-HE 相当)を使用した場合は、弾着角90度で以下の装甲板を貫徹出来た。.

三式中戦車チヌとは? -もし本土決戦があったら参戦した中戦車を1/144で紹介

詳細は「 短十二糎自走砲 」を参照. チハ  57 mm 砲. Legend of Tanks and Fighters. 砲戦車 とは、時期によって定義が異なるが、 大雑把 に書けば(既存の 戦車 と 比 較して) 大 火力 ・重装甲を持って対 戦車 砲 陣 地の制圧もしくは、 戦車 戦の中核を為す 火力 支援 戦車 である。また整備性の都合から、可 能 な限り既存 戦車 と同じ 車 体を使うことが好ましかったが、その場合、技術 力 と開発時期の関係から大威 力 の 砲 の搭載が困難であったため、旋回 砲 塔 式を諦めて固定 砲 塔 式を採用した 車両 も多い(というより、 砲戦車 として開発された 車両 は試製一〇〇式 砲戦車 及び 二式砲戦車 や、後述の 三式砲戦車 、新 型 中 戦車 の 車 体を流用した新 砲戦車 甲の4種しかない)。.

最末期の 占守島の戦い では、同島に展開した九七式中戦車(新砲塔チハ20輌、57mm砲搭載型19輌)39輌、九五式軽戦車25輌を装備する精鋭部隊たる 戦車第11連隊 (連隊長 池田末男 陸軍大佐 )が、上陸した ソ連軍 と交戦。連隊長車を先頭に突撃を行い四嶺山の敵部隊を撃退し、同山北斜面の敵部隊も後退させている。ソ連軍は対戦車砲4門・ 対戦車銃 約挺を結集し反撃を行い、連隊長車以下27輌を撃破ないし擱座させたが、四嶺山南東の日本軍 高射砲 の平射を受け、また日本側援軍の独立歩兵第大隊が参戦したため、上陸地点である竹田浜方面に撤退している。. 九七式五糎七戦車砲 チハ 一式四十七粍戦車砲 チハ改.

25 mm 25 mm20 mm 20 mm10 mm 8 mm50 mm. 37 mm 37 mm. 5 5 8 1 31022 6, 6090 1.

また、燃料の質の良し悪しに性 能 が左右される ガソリン エンジン とは異なり、 質の悪い燃料でもある程度の性 能 を発揮できた ため、補給や資 源 に問題のあった 日本 陸軍にとってはありがたいものだった。 また、 燃料の 軽油 は燃えにくく 、仮に 戦車 が被弾した場合でも 炎上 して中の搭乗員を危険に 晒 す可 能 性が少ない。 炎上 した 車輌 は装甲に用いる防弾鋼 板 が 劣化 、再利用が 不可能 になることも注意しなければならない(しかし、 実際の 炎上 率は 火炎瓶 や 燃料漏れ によるものはともかくとして、 敵弾の被弾時は ガソリン エンジン と大して変わらなかった という説もある)。. 戦車 の装甲の最も最厚部分では 25 mmであるのに対してB T7 は 22 mm、 II号戦車 に至っては15mmである。.

大まかにいえば、新 砲 塔 チハは 開発中 だったチへ 車 の つなぎ として開発されたものではあるが、元々はチハ 車 の 改 良 型 ではなく、新 型 砲 塔 の出来映えを試す テスト 台でしかなかった代物を偶然の重なりで、そのまま量産化した 兵器 である。. 新砲塔チハの登場時期については、年7月に陸軍技術本部が調整した「試作兵器発注現況調書」によれば、試作兵器として、九七式中戦車の砲塔改修及び47mm砲を搭載する改修を行う記述がある。この改修車両の希望完成年月は年8月となっている [23] 。そして年8月29日の兵秘六一七通牒の改修指示に基づき、同年10月より既存の68輌に対して新砲塔チハへの改修が開始されている [24] 。年3月には十数輌の新砲塔チハが完成し、臨時中隊(松岡隊)が編成され、ただちにフィリピンに送られている これはM3軽戦車に対抗するための応急処置であった [22] 。.

57mm7447mm 31 [70] 47mm 57mm57mm7457mm. [54]. M4 IV .

その他、本車車体を利用して作られた クレーン 車が 年 (昭和34年)から 年 (昭和35年)頃まで 横浜港 で使用されていた。. リバティ重戦車 M中戦車 M中戦車 T1中戦車 T1軽戦車 T2中戦車 M1戦闘車 M2軽戦車 M2中戦車. 故に 、15 cm 程度の重 砲 の 弾幕 射撃を受けた場合、 爆 風 と衝撃で 車 体が大破し、行動 不可能 になってしまうこともあった。 デマ という説もある。 この点の 改 善については、 車 体と 砲 塔 のかなりの部分を 電気 溶接で構成した、 二式砲戦車 (ホイ)の就役を待つことになる。こちらにおいては、15 cm 榴弾の至近炸裂にも 耐久 していることが確認された(とはいえ、15 ㎝ 級重 砲 弾が至近 距離 で炸裂すれば M4 だろうが M3中戦車 だろうが 大概の 戦車 は イカ レてしまう のだが)。.

九八式装甲運搬車 ソダ 試製九八式装軌自動貨車 ソキ 一式半装軌装甲兵車 ホハ 一式装甲兵車 ホキ 湿地車 FB器.

13 40 37 ? [27] [28]. [37]. 2057mm193925 11 4 27 ! 9 57mm [72]. TKS 7TP.

一〇〇式観測挺進車 テレ. 当時の他 国 中 戦車 と 比 べるとその容姿は……. フィリピン戦 末期の年4月12日、 戦車第10連隊 第5中隊に属するチハ車(57mm砲搭載型)1輌が、同中隊の九五式軽戦車1輌と共に、爆薬を装着したブームを取り付けてM4中戦車に体当たりする 特攻 を敢行した( 戦車特攻 )。同連隊主力は激しい戦闘の末既に壊滅しており、対戦車能力を持つ戦車は皆無であったことから、窮余の策として行われた攻撃である [68] 。当該地区の地形に依拠したこの攻撃は成功を収め、山下兵団司令部の撤退を成功させた。.

[73]. 1 94 0.

知っておきたい:

コメント

  1. 従来の日本軍戦車は、歩兵支援重視の考え方から榴弾威力が高くかつ軽量な短 砲身 の戦車砲を装備していた。戦車の目的は陣地突破、 火点 制圧、 追撃 といった歩兵支援であり、対戦車戦闘は 歩兵連隊 や独立速射砲大隊・中隊などに配備されている 連隊砲 ・対戦車砲( 速射砲 )が行うものとされていたためである。しかし、年 昭和14年 3月に発足した戦車開発委員会は「(将来の)戦車の搭載砲は当面は短砲身57㎜砲とするも戦車同士の戦闘の増加を考慮して高初速47㎜砲または機関砲を搭載することを考慮する」という認識を出しており [16] [17] 、その後勃発した、数次に亙る 日ソ国境紛争 ( ノモンハン事件 等)の際、長砲身45mm砲を装備したソ連軍戦車・装甲車との戦闘を経験したことで、戦車開発委員会の認識・方針が正しかったことが証明されることとなり、新戦車砲開発がより促進されることとなる [17] 。戦車砲は年9月に仮制式を経て、年4月に 一式四十七粍戦車砲 として制式化された [18] 。なお、57mm長加農の採用も検討されていたが、 一式機動四十七粍砲 との弾薬筒共通の便宜のため断念している [19] [20] [21] 。九七式中戦車の車体には設計余裕があり、旧砲塔より大型化した新砲塔も無理なく採用できた。.
  2. 大戦後半の防御主体の作戦においても、後継車両の不足と貴重な機甲戦力のため終戦に至るまで各戦線に投入された。 硫黄島の戦い では同島に九七式中戦車(新砲塔チハ)11輌と九五式軽戦車12輌を装備する 戦車第26連隊 (連隊長 男爵 西竹一 陸軍中佐)が配備されていたが、西中佐は当初、機動兵力として戦車を運用することを計画したものの、熟慮の結果、移動ないし固定 トーチカ として待伏攻撃に使われることになった。移動トーチカとしては事前に構築した複数の戦車壕に車体をダグインさせ運用し、固定トーチカとしては車体を地面に埋没させるか砲塔のみに分解し、ともに上空や地上からわからないよう巧みに隠蔽・ 擬装 し丸万集落周辺で防御陣地を構築して米軍と激戦を交えた。同陣地はのちにアメリカ海兵隊側から、戦車第26連隊に包囲されて大損害を被り全滅の危機に陥った第9海兵連隊第2大隊の大隊長、ロバート・E・クッシュマンJr. 通常は 道路 状況が悪くとも 工兵 部隊が先行しある程度の整備をするのだが、 日本 場合は アメリカ や イギリス 、 ドイツ などの列強と 比 較すると貧弱で人員や器材調達が難しく不足しがちであった。.
  3. マレー半島で日本は最南端のシンガポールを目指していましたが、南下ルートには、ジャングルとと湿地に挟まれた道路一つでした(マレー半島のジャングル地帯の移動は本当に大変で、沼地でワニを踏む兵もいたほど)。その先には、大砲、対戦車砲、機関銃を配備し防備を固めていたた英軍が待ち構えていました。 この防衛線は強固で、全長6キロ、7つも防衛ラインが敷かれていました。しかも個々の防衛線は砲弾を浴びせても破壊できず突破は困難でした。.

コメントを追加

サイトに公開する前に、あなたのコメントがモデレートのために送信されます。

© 2020 airbox-music.com | 利用規約 | 連絡先 |