吉良上野介

公開日: 11.07.2020

深堀事件 (ふかほりじけん)は、元禄13年12月19日(年1月16日)から12月20日(同1月17日)にかけて起こった、肥前国天領長崎(現・長崎県長崎市)において長崎会所の役人と佐賀藩深堀領の武士(家老格深堀鍋島家の家中のこと)の間に起こった騒動。. 吉田忠左衛門 (よしだちゅうざえもん)は大石内蔵助に次いで事実上の副頭領 [] 。足軽頭で裏門隊の副将を務めた。享年64 [] 。.

赤穂事件 (あこうじけん)は、 18世紀 初頭( 江戸時代 )の 元禄 年間に、 江戸城 ・ 松之大廊下 で、 高家 の 吉良上野介 (きらこうずけのすけ)義央 [注釈 1] に斬りつけたとして、 播磨 赤穂藩 藩主の 浅野内匠頭 (あさのたくみのかみ)長矩が 切腹 に処せられた事件。さらにその後、亡き主君の浅野長矩に代わり、家臣の 大石内蔵助 良雄以下47人が本所の吉良邸に討ち入り、吉良義央を弑し、当夜に在邸の 小林央通 、 鳥居正次 、 清水義久 らも討った事件を指すものである。(「江戸城での刃傷」と「吉良邸討ち入り」を分けて扱い、後者を『元禄赤穂事件」としている場合もある) この事件は「忠臣蔵」とも呼ばれる事があるが、「 忠臣蔵 」という名称は、この事件を基にした 人形浄瑠璃 ・ 歌舞伎 の『 仮名手本忠臣蔵 』の通称、および、この事件を基にした様々な作品群の総称である。これら脚色された創作作品と区別するため、史実として事件を述べる場合は「 赤穂事件 」と呼ぶ。( 池田家 でも輝興が狂乱し正室などを殺す「正保赤穂事件」、 森家 でも攘夷派が藩政を私物化した家老の森主税を暗殺するという「文久赤穂事件」が起きているため、「元禄赤穂事件」とも呼ばれる) 目次.

山本博文も寺坂の孫が書いた 6 の文章に関し、足軽の身分が「内匠頭殿」と書くはずがないとして 6 を孫による弁明なのだと解釈している [] 。. 案内メニュー 個人用ツール ログインしていません トーク 投稿記録 アカウント作成 ログイン. すでに義央の娘、鶴姫と島津綱貴とは年に離縁しているためか、陽和院は冷淡な反応を示している。また、 延宝 8年( 年 )11月20日に島津綱貴から離縁された鶴姫はその後、実家の吉良家には戻らず、養家であり、弟である上杉綱憲のいる上杉家に戻り、上杉家白金屋敷で暮らした [ 要出典 ] [26] 。. 中村清右衛門は年老いた母を置いて盟約に加わったが、(老母の世話を頼んでいる人物と思われる)太郎左衛門が自殺を考えていると聞き、半ば脅迫のような形で討ち入りを断念させられた [] 。.

もう一つの話は『柳沢家秘蔵実記』に載っている話で、この史料によれば、老中等が赤穂浪士の討ち入りは「夜盗の輩」同然だから「打ち首」にすべきだと一旦は決定したのだという [] 。しかしこの決定に不満を持った 側用人 の 柳沢吉保 が家臣の儒者・ 荻生徂徠 に相談したところ、徂徠は「赤穂浪士の行為は、将軍綱吉が政務の第一に挙げている忠孝の道にかなったものだから、打ち首という盗賊同様の処分に処すべきではない。彼らに切腹を賜れば赤穂浪士の宿意も立ち、世上の示しにもなる」という趣旨の事を述べた [] 。この意見を将軍綱吉に「上聞」したところ綱吉は大いに喜び、一転して切腹に決まったと記されている [] 。.

吉良上野介は事件のあった元禄14年に高家肝煎の立場にあったため、朝廷へのあいさつと朝廷からの使者の接待とを受け持っていた [13] 。.

[9] [9]. 14 314 421 [6]. 吉良上野介 [34]. []. [] [] [] ?

そして同書は大石内蔵助と藤井又左衛門を主君の内匠頭を諫めない不忠な家臣としている [] 。. 江戸時代の 歌舞伎 では実際の人物の名称を使うことが禁じられていたため、作中では「清水一角」 [] 、「清水大学」 [] などと 表現される。. その後、幕府主導で用水工事が進められることになり、ようやく寛文13年 年 に人見堰が完成し村内町歩 ヘクタール の水田を灌漑することができた。村民は久邦の徳を慕い、永宝元年 年 12月に久邦の生祠を建て稲葉大権現として祭りその徳をたたえた。建立された石祠及び頌徳碑は、現在では安中市の指定史跡となっている [36] [37] 。.
  • 承応 2年( 年 )3月16日、将軍・ 徳川家綱 に拝謁。 明暦 3年( 年 )12月27日、 従四位下 侍従 兼 上野介 に叙任(位階が高いにもかかわらず、上野守でなく上野介であることについては、 親王任国 を参照)。. 実際には吉良家の中小姓 [] 用人 [] [] である。 『大河内文書』には吉良上野介と吉良義周にお供して、「少々戦いて討たれ候」とある [] 。『江赤見聞記』によれば、当時四十歳で台所で死んだ [] 。.
  • この屋敷替えに合わせるように、8月21日、 大目付 の 庄田安利 、高家肝煎の 大友義孝 、書院番士の 東条冬重 など、義央に近いと見られた人物が「勤めがよくない」として罷免されて小普請編入となっている。.

朝日新聞文化・芸能取材班

討ち入り参加者の多くは内匠頭個人から特別な恩寵を受けたものではあらず [] 、むしろ内匠頭との関係が悪かったものもいた。. 泉岳寺についた一行は内匠頭の墓前に吉良の首を供え、一同焼香した [] 。. 旅行プランをさがそう! このスポットに行きたい!と思ったらLINEトラベルjpでまとめて検索!. 実際には吉良家の中小姓 [] 用人 [] [] である。 『大河内文書』には吉良上野介と吉良義周にお供して、「少々戦いて討たれ候」とある [] 。『江赤見聞記』によれば、当時四十歳で台所で死んだ [] 。. 柳沢吉保 荻生徂徠 色部又四郎 千坂兵部 山鹿素行 梶川与惣兵衛 宝井其角 天野屋利兵衛.

[19]. LCC. 吉良上野介. [] 320 []. [71] 19 [71] 17 [71] .

大野九郎兵衛 (おおのくろべえ)は赤穂藩の次席家老で、平時には藩札のシステムを作るなどの貢献があった [] 。. このナビゲーターの記事一覧 海外. 大石主税 (おおいしちから)は大石内蔵助の嫡男で四十七士では最年少であり、内匠頭の刃傷の際は元服前で幼名の松之丞を名乗っていた [] 。.

143 []. [91]. [] [] [] ! [] [] []. 吉良上野介 .

「吉良上野介」は悪人だったのか~「忠臣蔵」敵役の真実【にっぽん歴史夜話23】

このナビゲーターの記事一覧 国内. 第二に、そもそも討ち入りが終わった時点で浅野大学らに密かにどうしても伝えなければならない事柄が果たしてあるのか疑問である [] 。仮にあったとしても、浅野大学が差し置きになったときすら主家に累が及ぶのを恐れて会うのを避けたほど慎重な内蔵助が、討ち入りの顛末を知らせる使者を立てるとは思えない [] 。また内蔵助は大石無人・三平に書簡を出し、死後の供養を頼むとともに「芸州・上方へも仰せ遣わされ下さるべく候」と述べている [] 。つまり危険を冒して寺坂を派遣するまでもなく、無人や三平に言伝を頼むなど、もっと安全な方法で討ち入りの報告ができたはずである [] 。. なお、第一の早駕籠に乗って赤穂に訪れたのは 早水藤左衛門 と 萱野三平 の二人で [35] 、第二の早駕籠に乗っていたのは 原惣右衛門 と 大石瀬左衛門 の二人であった [35] 。.

  • 山科会議により討ち入りは延期になったので、大石内蔵助はお家再興の嘆願書を出している [65] 。大石の背後には再興を願う家臣達がおり、容易に再興を諦められるものではなかった [65] 。.
  • また赤穂の塩が主に大阪で売られていたのに対し、吉良産の「饗庭塩」は三河など東海方面で売られており [] 、販路・商圏の点でも直接の競合関係になかったとされる [] 。.
  • 南部坂の別れは創作である [79] 。大石は瑤泉院に『金銀受払帳』その他帳面類を添えた書状を、瑤泉院の用人落合与左衛門に届けている [79] が、これは手紙を送っただけで大石が直接南部坂の瑤泉院のもとへ向かったわけではない [79] 。(なお書状の日付は元禄15年11月29日付であるが、『江赤見聞記』(巻六)によれば、この書状を実際に出したのは討ち入り当日の晩であるという [] 。大石は討ち入りの計画が露見するのを恐れ、直前まで書状を手元に置いておいたのである [] 。) また12月9日付の書状には討ち入りする決意と吉良邸討ち入りの時に持参する口上書の写しが入っている [79] 。.
  • 以後、義央は上杉家との関係を積極的に利用するようになり、財政支援をさせたほか、3人の娘達を上杉家の養女として縁組を有利に進めようとした。長女・ 鶴姫 は 薩摩藩 主・ 島津綱貴 の室、三女・ 阿久利姫 は交代寄合旗本・ 津軽政兕 の室、四女・ 菊姫 も旗本・ 酒井忠平 の室となっている(鶴姫は年11月20日に綱貴に離縁され、菊姫も死別するが、のちに公家・ 大炊御門経音 の室となって1男1女を産む)。.

[]. LCC. [23]. 61 []. []. []. [20] [26]. [71] 19 [71] 17 吉良上野介. [88] .

“江戸城松之廊下”事件の概要?

四十七士のひとりである寺坂吉右衛門は討ち入りに加わったにも関わらず、泉岳寺に引き上げた時には姿を消していた。 これは古来謎とされており、逃亡したという説から密命を帯びて消えたという説まで様々である。. 立川昭二はこの痞は今で言う偏頭痛か緊張性の頭痛だろうと考察している [] 。 一方痞とは癪の事とも解され [] 、中島陽一郎の『病気日本史』によれば、癪は「胃痙攣、神経性の胃痛、心筋梗塞、慘出性肋膜炎、胃癌、後腹膜腫瘍、脊髄の骨腫瘍、ヒステリーなどを含んでいる」と考えられる [] 。. 第二に、そもそも討ち入りが終わった時点で浅野大学らに密かにどうしても伝えなければならない事柄が果たしてあるのか疑問である [] 。仮にあったとしても、浅野大学が差し置きになったときすら主家に累が及ぶのを恐れて会うのを避けたほど慎重な内蔵助が、討ち入りの顛末を知らせる使者を立てるとは思えない [] 。また内蔵助は大石無人・三平に書簡を出し、死後の供養を頼むとともに「芸州・上方へも仰せ遣わされ下さるべく候」と述べている [] 。つまり危険を冒して寺坂を派遣するまでもなく、無人や三平に言伝を頼むなど、もっと安全な方法で討ち入りの報告ができたはずである [] 。.

表門隊は侵入するとすぐに、口上書を入れた文箱を竹竿にくくりつけ、玄関の前に立てた [88] 。.

[24] [24] [27] [27] ? [13]. 14 314 421 吉良上野介 [14] [15] .

知っておきたい:

コメント

  1. 万治 2年( 年 )から父とともに出仕する。部屋住みの身分ながら、家禄とは別に庇蔭料1,俵が支給された。. 同志達の脱盟を受けて大石は、赤穂浪士の 貝賀弥左衛門 と 大高源吾 を派遣し、連判状から切り取った血判を返してまわった [11] 。いわゆる神文返しである。そしてそれでもどうしても討ち入りをしたいと答えたものだけを同志として認める事にした [11] 。これにより同志は50人程度 [11] に減った。.
  2. 人気旅行ガイドランキング 4月21日 火 にアクセスが多かったガイド記事. 佐々木杜太郎も宮澤誠一と同様、浅野大学が差し置きの際にすら会うのを避けた内蔵助が寺坂を浅野大学や瑤泉院への報告に使うはずがないとして密命説を退けている [] 。.
  3. 元禄11年( 年 )9月6日、 勅額火事 により鍛冶橋邸を焼失し、のち 呉服橋 にて再建する。この大火で消防の指揮をとっていたのは 播磨 赤穂藩 主・ 浅野長矩 であった。. 父: 吉良義冬 、母: 酒井忠勝 の姪( 忠吉 の娘).

コメントを追加

サイトに公開する前に、あなたのコメントがモデレートのために送信されます。

© 2020 airbox-music.com | 利用規約 | 連絡先 |