太平洋 戦争 敗戦 責任

公開日: 26.09.2020

ベルリンで調印された日独伊三国同盟  読売新聞社は、日本の過去の国内戦争が、年号で呼ばれていることが多いこと、また、昭和時代に起こった一連の戦争であったことを考え、満州事変、日中戦争、日米戦争にいたる一連の戦争を一応「昭和戦争」と呼ぶこととした。人間としての昭和天皇を連想した呼称ではない。  一九二八年以前の日本の戦争をなぜ、検証の対象にしなかったか。日清、日露、第一次大戦参戦は、日本側に一方的に戦争責任があったとはいえない。あの時代は、世界の列強が、帝国主義的覇権を争っていた時代だった。. 海  軍 海兵隊 陸  軍 一般市民.

東京裁判の裁判長として大任を 果たしたウィリアム・ウェッブ卿。  いっぽう、マッカーサー元帥の極秘の命令により、天皇の戦争免責、無罪論について、東京裁判の法廷で最大の努力をつづけて成功した米国側主席検察官マ元帥の最高法律顧問キーナン検事は、この判決をめぐるウェップ裁判長の談話にたいして、. 一方、昭和天皇の戦争責任を追及しない立場の人物 [ 誰? ソ連から帰国した抑留者  国際法上の戦後処理は、北朝鮮を除き、終結している。北朝鮮のような、かつてのナチや日本軍国主義を思わせる独裁体制の国家と国交正常化することは、当面無理である。が、この国を除く、近隣諸国との精神的次元での恒久的な友好関係を構築するためには、「東京裁判」とは別に、詳細で適切な日本国民自身による戦争責任検証が不可欠である。. 政界の戦時体制化に即応して、翼賛議員同盟結成、三百二十六議員が参加す。 御前会議で対米英蘭戦争を辞せずとする『第一次帝国国策遂行要領』を決定す。 米穀 (べいこく=穀物) 国家管理実施要綱を発表。.

海  軍 海兵隊 陸  軍 一般市民. 表示 閲覧 編集 履歴表示. 一方で、 イギリス 、 オランダ 、 中国 の各国世論大半からは昭和天皇を憎悪の対象として見られた。.

2  top. 1 [ ] [ ].        . [1] !

  • 戦後、 日本の戦争犯罪 を裁いた東京裁判では、昭和天皇を訴追する動きもなかったわけではないが、早い時期にそのような動きは撤回され、天皇は裁かれないことになった。また、戦争直後には昭和天皇が退位するという選択肢もまったく検討されなかったわけではないが、実際には戦後の民主的な選挙によって構成された 国会 によって 日本国憲法 が制定され、大多数の国民の支持を得た上で昭和天皇は天皇の地位にとどまり、戦後の象徴天皇制が始まった。. 前夜来の濃霧は名残りなく晴れて、サンサンたる陽光が青き空と海に輝き、いかにも新大使を歓迎するようだ。  私も薄暗いうちから、日本郵船会社の埠頭に出掛けてみると、各新聞社の米人記者とカメラマン、それにニュース映画の連中がじつに六、七十人もすでに詰めかけてたいへんな騒ぎだ。  そこへ河崎総領事代理をはじめ、百名以上の在留邦人官民代表が集まったので、大きな二隻のランチも、超満員だ。  『過去五十年、日本から多くの大使が来たが、こんな盛大な出迎えを受げたものはない』とは、在留同胞の古老の感激した話である。  午前八時に検疫が終わると、米人記者団を先頭に、一同は鎌倉丸になだれのように乗り込んだが、巨体の野村大使はグレーの背広服にくっろいだようすで、二コニコ笑いながら、みんなと愛想よく握手を交わし、少しも長い船旅の疲れを見せない。  この数日来の冬の荒天で、海はだいぶ荒れて、顧問役の司行り若杉公使など、すっかり弱っていたが、野村大使は、さすが海軍で鍛えた提督大使らしく元気よく、ただちに記者団の包囲の中で、悠然と煙草をくゆらせながら、まず別項の声明書を発表した後、自由質問にうつった。  米人記者のヤンキー流の不遠慮な質問は、  『アドミラル、日米関係は絶望だと思うがどうか?』  と詰め寄れば、野村大使は相変わらず童顔をほころばせて、通訳もぬきにして、少しなまりの強い流暢な英語で、  『私は日米関係の前途に大きな希望を持っている。  その希望を抱いて、これからワシントンに赴くのだ』  と、なかなか素人放れのした名大使ぶりだ。.
  • この赤ら顔のデップリ肥ったキーナン検事は、日本占領中の米軍の威光をカサにきた首席検察官として時めいて、傲慢な態度を示していたので、一般に日本では、あまり評判がよくなかったようであるが、ただ天皇制支持の一点だけは、日米両国のために彼の大手柄であったようだ。  彼は帰米直前に、宮中方面といわゆる生残りの重臣たちから、ひそかに深甚な感謝の意を示達されたそうであるが、彼の発表した談話の要旨は、つぎの通りであった。  それは、『かくて天皇は退位もせずに居残った』という感慨が深いものだった。.

「大和魂」で動く陸軍、動かない海軍──無謀な開戦の責任者は誰か?

その後、 同盟国 であった 第一次世界大戦 敗戦後の ドイツ における 帝政崩壊 とは相違して、占領政策を円滑に行うためのGHQ(SCAP、 連合国軍最高司令官総司令部 )の意図もあり、敗戦国でも 皇室 制度( 天皇制 )は維持され、昭和天皇は 年 (昭和22年) 5月3日 の 大日本帝国憲法 改正による 日本国憲法 施行の下にいわゆる「 象徴天皇 ( 日本国憲法第1条 )」となり、 年 (昭和64年) 1月7日 に死去するまで第代 天皇 として在位し続けた。.

昭和天皇の戦争責任の追及には否定的な立場の人物が主張する説によれば、「昭和天皇は立憲君主として『君臨すれども統治せず』との立場を貫いたのであり、戦争責任は昭和天皇を 輔弼 または 帷幄上奏 した政治家、軍人らにある」とするものである。. まさに、事実は小説よりも奇なり、である。   4 大川周明 (しゅうめい) の感激と大気炎 top. 山田朗 は、「戦争指導の責任を追及する時期や体験としての戦争を語る時期を経て、侵略性告発を伴う加害性責任が問われるようになったが、この時代にはまだ天皇の責任は問われておらず、天皇の責任を問うたのは 井上清 の『天皇の戦争責任』が嚆矢であった」と書いている [9] 。. 戦後、 日本の戦争犯罪 を裁いた東京裁判では、昭和天皇を訴追する動きもなかったわけではないが、早い時期にそのような動きは撤回され、天皇は裁かれないことになった。また、戦争直後には昭和天皇が退位するという選択肢もまったく検討されなかったわけではないが、実際には戦後の民主的な選挙によって構成された 国会 によって 日本国憲法 が制定され、大多数の国民の支持を得た上で昭和天皇は天皇の地位にとどまり、戦後の象徴天皇制が始まった。.

柳条湖事件を機に関東軍は奉天を占領した 石原莞爾 満州事変のきっかけとなった柳条湖事件の現場  一九二八年、第一次大戦にいたる帝国主義戦争に疲弊した先進諸国を中心に「ケロッグ・ブリアン条約」とも呼ばれるパリ不戦条約(戦争放棄に関する条約)が調印された。日本も調印し、翌年これを批准した。  ところが日本はその後、間もなく満州侵略を始めた。一九三一年九月十八日の柳条湖事件を発端とし、満州事変、日中戦争、日米戦争へと、破滅への戦争を拡大させ、四五年の敗戦に至った。.

  • ベルリンで調印された日独伊三国同盟  読売新聞社は、日本の過去の国内戦争が、年号で呼ばれていることが多いこと、また、昭和時代に起こった一連の戦争であったことを考え、満州事変、日中戦争、日米戦争にいたる一連の戦争を一応「昭和戦争」と呼ぶこととした。人間としての昭和天皇を連想した呼称ではない。  一九二八年以前の日本の戦争をなぜ、検証の対象にしなかったか。日清、日露、第一次大戦参戦は、日本側に一方的に戦争責任があったとはいえない。あの時代は、世界の列強が、帝国主義的覇権を争っていた時代だった。.
  • 天皇の戦争責任を問う声は、敗戦直後からすでに緩やかな形で存在しており、 三好達治 は人間宣言した天皇について、「神にましまさぬ陛下は、人の子として世の中の道理にお従いになるがよろしい」と述べ、人としての責任を問い、アメリカから帰国した 大山郁夫 は天皇の退位を論じた [7] 。.

130 UTC - Cookie.     .

科学者・経済学者も委員

開戦前の米太平洋艦隊の配備、 警戒状況の証言者・ハルゼー元帥. 戦後に育った若い世代の人々は、大川周明博士といってもほとんど知らないであろうが、戦後の東京裁判 (昭和二十一年五月~二十三年十一月) の公判中に、おなじ被告席に着席していた、やつれ果てた東条元首相のハゲ頭を、突然、後方から強くたたいた長身の豪傑風の、A級戦犯の右翼論客といえば、あるいは記憶のある人々もあるだろう。   大川博士 は、ナチズム (国家社会主義) の理論指導者として、 ナチス政治で重きをなしたドイツ哲学者アルフレッド・ローゼンバーグ博士 (有名な『二十世紀の神話』の著者、戦後の一九四六年十月、ニュールンベルグ戦犯裁判で 絞首刑 を宣告、執行された) とならんで、軍国日本の代表的な超国家主義理論家と呼ばれ、A級戦犯に指定されて、スガモ・プリズン入りをしたが、公判中に精神異常をきたして、 医師の診断の結果、ついに『発狂』 とみとめられて、 審理中止 をいいわたされた。  かくて彼は、あやうく絞首刑をまぬがれて数年間、精神病院に強制収容されていたが、退院後に、じつはみずから 『仮病』を使って裁判をまぬがれた と、堂々と声明して、世間をあっとおどろかせた奇怪な人物である。 (彼は結局A級戦犯の裁判を逃れて郷里に帰り昭和32年まで生きた。71歳で没)  この 大川周明博士 は、明治四十四年、東京帝国大学文学部卒、法学博士の肩書を持った、大正・昭和時代の国家革新運動の大立者であり、昭和七年五月十五日に首相官邸で、当時の犬養毅首相 (政友会総裁、七十七歳) を暗殺した、急進的な海軍青年将校一派 (陸軍士官学校生徒、民間行動隊多数をふくむ) の有名な 五・一五事件の黒幕的人物と して、懲役十五年の判決をうけた、熱血の理論家兼闘士であった。.

日本機動部隊のハワイ真珠湾攻撃時刻と日米交渉打ち切り通告提出時刻(予定と実際)比較表 場所 通告予定時  攻撃予定時 実際の通告時 実際の攻撃時 ワシントン 年〔昭和16年〕 12月7日、日曜日午後1時(米国東部標準時) 12月7日午後1時30分  (同 左) 12月7日午後2時20分  (同 左) 12月7日1時25分 (同 左) ホノルル(ハワイ) 12月7日午前7時30分 (ハワイ時間) 12月7日午前8時 (同 左) 12月7日午前8時50分 (同 左) 12月7日午前7時55分 (同 左) 東   京 12月8日月曜日午前3時 (日本時間) 12月8日午前3時30分  (同 左) 12月8日午前4時20分 (同 左) 12月8日午前3時25分 (同 左)   2 戦史家モリソン博士の正論 top.

.    .

「余り戦果が早く挙がりすぎるよ」

国家革新運動の大立者、大東亜主義の巨頭であった大川周明博士。 A級戦犯として捕えられたが、東条の頭を叩くとか異常な言動があって精神病者として釈放された。  彼は、はやくから日本主義、大東亜主義、反民主主義を強く提唱して、米英勢力の排撃を大いに主張し、大正八年には極右、国家主義結社『猶存社 (ゆうぞんしゃ) 』を結成して、狂信的な機関紙『雄叫 (おたけび) 』を発行、つぎのような目的宣言を発表して、活発な理論、実践の両方面にわたる運動を展開していた。  彼の親しい仲間には後年、皇軍反乱の二・二六事件の黒幕的首謀者として、銃殺刑を宣告、執行された有名な右翼 革命家・北一輝 (きたいつき) もふくまれていた。  『日本の現状を打破し、日本民族の真精神を発揮し、もって君民同治の革命的大帝国を東亜の天地に建設せん!』  このような思想的立場と、行動的背景を持った大川博士が、日米開戦と真珠湾奇襲大勝の歴史的吉報を聞いて、いかに欣喜 (きんき) 感激したか、想像にかたくないであろう。   (したがって、戦後に、彼が東京裁判でA級戦犯に指定されたのもムリはないだろう)  彼はその感激を得意の壮重、雄大な健筆にたくして、当時、つぎのように述べている。.

と述べて、満場の喝采を博した。  このように野村大使は、米国上陸第一歩のサンフランシスコ市では、予想外に日米関係者多数から熱烈な歓迎をうけて大いに感動したようすであり、それらの歓迎会に同席した私もまったく肩身の広い思いがして、『日米関係はまだまだ大丈夫である』という楽観的気分がわき上がった。  ところが、太平洋岸のサンフランシスコから、はるか数千マイルもはなれた東部地方、とくに首都ワシントンの空気はガラリと一変していた。  私は野村大使一行とともに、最新式流線型特急に同車してシカゴ経由、ワシントン入りをして冷厳な現実に驚いた。  それはサンフランシスコの熱烈な歓迎が、シカゴ (列車乗り換えのため途中下車して、ホテルでしばらく休憩したが、インタビューにやって来た米人記者はわずか数名だった) では無関心に変わり、さらにワシントンでは、冷やかな敵意に変ったのだ!  この太平洋戦争直前の歴史的な一年間の、米国の政治的気候と社会的雰囲気については、これまで日本側の戦史、戦記類には一切、取り上げられていないようであるから、その当時の私の古い手記から、つぎの一節を引用、紹介しておきたい。  これは日米戦争への道の、ささやかな歴史の指標となるものだ。.

産経新聞 年4月29日. 案内 メインページ コミュニティ・ポータル 最近の出来事 新しいページ 最近の更新 おまかせ表示 練習用ページ アップロード ウィキメディア・コモンズ. また、天皇自身も戦争責任を意識している節は各種証言や手記によって確認されている。ポツダム宣言受諾の際の1条件(国体護持)をめぐる回答や、( 中曽根らの進言に沿って [ 要出典 ] ) 戦後に退位を望む意向を示したことなど [ 要出典 ] 。.

  • 日米会談はついに最終段階に到達し、御前会議でついに対米英開戦を決定す。 (米国時間では十二月七日、日曜日) 日本軍はハワイ真珠湾軍港を奇襲攻撃、またマレー半島に上陸、米英両国に対して宣戦布告の詔勅下る。かくて太平洋戦争の火蓋が切られた。.
  • 外交評論家の 加瀬英明 も終戦時の昭和天皇の態度について「要は天皇以下、当時の指導者たちには、国民に対する責任感が全くなかった。この無責任な人間としての心を失った姿が、戦後日本の狂いの初めであると思う。苦境に際して、己の責任を回避して、他に責任を転嫁、己の生き残りを優先する。迷惑をかけた人々に対し、何らの責任を取ろうとしない。この無責任体制が、今日の日本をもたらしたと言えないか」と述べている。.
  • 国家革新運動の大立者、大東亜主義の巨頭であった大川周明博士。 A級戦犯として捕えられたが、東条の頭を叩くとか異常な言動があって精神病者として釈放された。  彼は、はやくから日本主義、大東亜主義、反民主主義を強く提唱して、米英勢力の排撃を大いに主張し、大正八年には極右、国家主義結社『猶存社 (ゆうぞんしゃ) 』を結成して、狂信的な機関紙『雄叫 (おたけび) 』を発行、つぎのような目的宣言を発表して、活発な理論、実践の両方面にわたる運動を展開していた。  彼の親しい仲間には後年、皇軍反乱の二・二六事件の黒幕的首謀者として、銃殺刑を宣告、執行された有名な右翼 革命家・北一輝 (きたいつき) もふくまれていた。  『日本の現状を打破し、日本民族の真精神を発揮し、もって君民同治の革命的大帝国を東亜の天地に建設せん!』  このような思想的立場と、行動的背景を持った大川博士が、日米開戦と真珠湾奇襲大勝の歴史的吉報を聞いて、いかに欣喜 (きんき) 感激したか、想像にかたくないであろう。   (したがって、戦後に、彼が東京裁判でA級戦犯に指定されたのもムリはないだろう)  彼はその感激を得意の壮重、雄大な健筆にたくして、当時、つぎのように述べている。.
  • 開戦前の米太平洋艦隊の配備、 警戒状況の証言者・ハルゼー元帥  結局、程度の大差こそあれ、『自由の国』を誇る米国でさえも、戦時中は、軍国日本と同様に政府の戦争政策や、真珠湾惨敗の責任を批判することは禁止されていたわけだ。.

! 3271  . [ ].        .      .   4  top? [7] .

2017年08月21日

オランダでは昭和天皇が乗車する車に卵や魔法瓶や手植え苗を投げるほど反日感情が根強く、昭和天皇が在位中の 年 の ベアトリクス女王 の日本訪問はオランダ国内で反対を受けた。. また、天皇は日米開戦を論議した御前会議の最中に、開戦に反対したとする意見もある。昭和天皇は ダグラス・マッカーサー との会見で、「戦争責任は日本国民にではなく、すべて自分にある」と述べたとされている [ 要出典 ] 。. 戦後、 日本の戦争犯罪 を裁いた東京裁判では、昭和天皇を訴追する動きもなかったわけではないが、早い時期にそのような動きは撤回され、天皇は裁かれないことになった。また、戦争直後には昭和天皇が退位するという選択肢もまったく検討されなかったわけではないが、実際には戦後の民主的な選挙によって構成された 国会 によって 日本国憲法 が制定され、大多数の国民の支持を得た上で昭和天皇は天皇の地位にとどまり、戦後の象徴天皇制が始まった。.

名前空間 ページ ノート.

[17]. VIP [18] [19].

知っておきたい:

コメント

  1. Shigekazu
    なぜ『検証 戦争責任』を再公開するのか  読売新聞社は2005年、渡辺恒雄グループ本社会長・主筆の提唱により、社内に 「戦争責任検証委員会」 を設置した。検証委員会は、満州事変から日中戦争、太平洋戦争に至る原因や経過、さらには当時の政治・軍事指導者たちの責任の所在について検証作業を行い、約1年かけて本紙紙面に特集記事の形で掲載した。紙面に掲載された内容は、06年に中央公論新社から 『検証 戦争責任』 と題して書籍化され、その後、英語版と中国語版も刊行されている。  『検証 戦争責任』の再公開によって、歴史問題に関する議論が深まり、実りあるものとなることを期待する。.

コメントを追加

サイトに公開する前に、あなたのコメントがモデレートのために送信されます。

© 2020 airbox-music.com | 利用規約 | 連絡先 |