アルテミス ギリシャ 神話

公開日: 18.09.2020

アルテミスは父であり神々の長であるゼウスに訴えるが、ゼウスも死者の復活を認めることはできず、代わりに、オーリーオーンを天にあげ、 星座 とすることでアルテミスを慰めた。なお、 さそり座 は、アポローンが謀ってオーリーオーンを襲わせ、彼が海に入る原因となった サソリ であるとされた。そのため オリオン座 は今も、さそり座が昇ってくるとそれから逃げて西に沈んでいくという。.

小アジア の古代の商業都市 エペソス は、アルテミス女神崇拝の一大中心地で、この地にあった アルテミス神殿 はその壮麗さで古代においては著名であった。また、この神殿は現在遺跡が残るのみであるが、近くの市庁舎に祀られていた女神の神像は現存している。この像は胸部に多数の 卵 形の装飾を付けた外衣をまとっており、あたかも「多数の乳房を持つ」ように見える。この像は一般に「多数の乳房を持つ豊穣の女神」として知られ紹介されるが、異説として女神への生け贄とされた牡牛の睾丸をつけられているともされる [5] 。.

パルテノン神殿 アテーナー・ニーケー神殿 オリンピアのゼウス神殿 エレクテイオン サモス島のピタゴリオとヘーラー神殿 アルテミス神殿.

エウロペ 、 ペルセポネ 、 ヘレネ. オリュンポス十二神 の一柱とされるが、本来のヘレーネス(古代ギリシア人)固有の神ではない。その名は 古典ギリシア語 を語源としていないと考えるのが妥当である。アルテミスは、ギリシアの先住民族の信仰を 古代ギリシア 人が取り入れたものと、現在の研究では考えられている [4] 。. 知恵と戦いの女神でアテネの守護神。ゼウスと知恵の女神 メティス の間に生まれた。  兜や楯(あるいは胸板)を身につけ、長槍を手にしている。その傍らには勝利の女神 ニケ が付き従っている。 【アテネの守護神】 アテネの主導権を巡ってアテナと ポセイドン が争った。ポセイドンは人々に泉を贈った。アテナは泉のほとりに オリーブの木 を植えた。アテネの人々はアテナを守護神に選んだ。. オリュンポス十二神 おりゅんぽすじゅうにしん. 他のプロジェクト コモンズ.

WorldCat Identities GND : LCCN : no VIAF : .

  • アルテミスは ゼウス と デーメーテール あるいは ペルセポネー の娘とも、あるいは ディオニューソス と イーシス との間に生まれた娘とも言われているが [2] 、 ギリシア人 に普及した伝承によれば ゼウス と レートー の娘で、 アポローン の双生児とされている [3] 。 アテーナー 、 ヘスティアー と同様、処女神である。.
  • 愛と美の女神。 クロノス が切り落とした ウラノス の男根が海に落ちて白い泡となり、そこからアフロディテが生まれた。東方の豊穣多産の女神 イシュタル と同一とされる女神。彼女の侍女が 三美神 。.

アルテミスの特長・象徴するアイテムなど

紀元前年頃の ヴェルサイユのアルテミス ( 英語版 ) 。 ルーヴル美術館 所蔵。. ミケーネ 王 アガメムノン が「自分の腕はアルテミスにも劣らない」と高言した事に立腹し、トロイア側を援護する。しかし、応援したトロイアは滅亡し、自身もミケーネ側を応援したヘラとの闘いで一方的な大惨敗を喫すると散々な結果に終わり、 あのアルテミスがゼウスに泣きつく という意外な一面を見せている。アガメムノンの件では「長女の イピゲネイア を生贄に捧げれば怒りが解ける」との予言を下すも、 アキレウス との縁談と言う名目に騙されてやってきたイピゲネイアがいざ生贄にされかけると、同情心を起こしてイピゲネイアを安全な場所に転移させ、プライドが高いと同時に直接的な非の無い相手には非情に徹し切れない一面も見せている。 ミケーネ王妃 クリュタイムネストラ と騙し討ちに勝手に名前を使われたアキレウスの2人は必死でイピゲネイアの助命運動を行ったものの、アガメムノンが生贄の儀式を強行した為に彼に深い遺恨を抱くに至り、トロイア戦争の泥沼化とアガメムノンの破滅を招く事になった。.

アフロディテとアレスの子供が エロス Eros 。恋の弓矢をもつ少年の姿で表わされる愛の神。ローマ神話のクピド( キューピッド :Cupid)。エロスは原始神カオスから生まれたともいわれる。 トロイ の英雄 アイネアス はアフロディテとトロイの王族アンキセスの子供。. 表 話 編 歴 ギリシア神話 神々 オリュンポス十二神 ゼウス ヘーラー アテーナー アポローン アプロディーテー アレース アルテミス デーメーテール ヘーパイストス ヘルメース ポセイドーン ヘスティアー ( ディオニューソス ).

ゼウスと レト の子供で、アポロンと双子の兄弟。狩猟の女神、安産の女神。 【オリオン座】 アルテミスは、海の神ポセイドンの息子 オリオン を愛した。オリオンは、海でも歩くことができるギリシアで一番の猟師だった。アルテミスの兄アポロンは、二人の仲を嫌っていた。  ある日、オリオンはサソリに追われて海の沖合いに逃げた。それを見ていたアポロンは、「あの遠くに光る丸太を射当ててみよ」とアルテミスに言った。アルテミスは丸太めがけて矢を放った。翌日、矢の刺さったオリオンが浜辺に打ち上げられた。  愛する人を殺めてしまったアルテミスはひどく悲しんだ。これを見ていた父ゼウスは、オリオンを空に上げ星にした。これがオリオン座である。. ゼウスの姉であり正妻。神々の女王で婚姻と母性、貞節の女神。嫉妬深い性格で、ゼウスの浮気相手やその子供に苛烈な仕打ちを行った。ローマ神話ではユノ Juno と呼ばれ、6月 June はユノに捧げられた聖なる月とされている。6月の花嫁 June Bride が幸せになれるのはユノの祝福を受けるためである。.

狩猟の女神, 貞潔の女神, 月の女神.

  • アポロン Apollon. 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』.
  • アポロン Apollon. ディオニュソス Dionysus       年表に戻る.

Artemis. Juno 6 June 6 June Bride   .

処女神アルテミスの厳粛なる掟

アポロン Apollon. 父 クロノス が率いるティタン神族との戦いに勝ち、神々の王となる。最高神、雷神、絶倫万能の神で、妻ヘラの目を盗んで浮気を繰り返した。 ゼウスが愛した女性たち との間には、多くの子供が産まれた。.

そんな彼女だが、一度だけ身を焦がすほどの恋をしたことがある。 その相手が狩人の青年 オリオン で、彼の精悍な佇まいとそれに違わぬ豪快で逞しい言動から、神格が揺らぐほどにメロメロになっていった。これが気に食わなかったのが父・・・ではなく 兄のアポロン であった さすがシスコン 。焦燥して大地の女神 ガイア に相談し、オリオンを亡き者にしようと考える。さらにオリオンを牡鹿と誤認されるように工作し、挙句に 何も知らない妹を挑発してオリオンを射殺させる という 超ド級の外道行為 に及んでいる。 兄よ、自重しろ 。 その後、事の真相を知ったアルテミスはアポロンの息子で死者蘇生の技術を編み出した天才医師アスクレピオスに依頼してオリオンの復活を目論むも、「余人が我が領域を侵すことは許さん」と、冥界の王である伯父 ハーデス に断られ、ゼウスもハーデスの叱責を支持した為これを断念。せめてもの代償としてゼウスにオリオンを 星座 にしてもらうよう懇願し、その星座が冬の星座の代表格である オリオン座 となった。 なお、この件でアルテミスが処女神としての立場を失ったという話は伝わっていないので、そういう関係にまでは至っていない模様。プラトニックなお付き合いだったようである。ちなみにこの際、間接的とはいえアポロンにオリオンを殺されたことに関し、彼女は特にアポロンに対して特には怒っていない。母親の胎内にいる頃からの仲だからだろうか、それとも彼女も隠れブラコンなのだろうか。.

ゼウス - ヘーラー - アテーナー - アポローン - アプロディーテー - アレース - アルテミス - デーメーテール - ヘーパイストス - ヘルメース - ポセイドーン - ヘスティアー 一部の神話: ディオニューソス - ハーデース - ペルセポネー.

7 12 .

ヘルプ ヘルプ 井戸端 お知らせ バグの報告 寄付 ウィキペディアに関するお問い合わせ. アポローン , アテーナー , アレース , ヘーパイストス , ヘルメース , ディオニューソス , エイレイテュイア , ヘーベー. そんな彼女だが、一度だけ身を焦がすほどの恋をしたことがある。 その相手が狩人の青年 オリオン で、彼の精悍な佇まいとそれに違わぬ豪快で逞しい言動から、神格が揺らぐほどにメロメロになっていった。これが気に食わなかったのが父・・・ではなく 兄のアポロン であった さすがシスコン 。焦燥して大地の女神 ガイア に相談し、オリオンを亡き者にしようと考える。さらにオリオンを牡鹿と誤認されるように工作し、挙句に 何も知らない妹を挑発してオリオンを射殺させる という 超ド級の外道行為 に及んでいる。 兄よ、自重しろ 。 その後、事の真相を知ったアルテミスはアポロンの息子で死者蘇生の技術を編み出した天才医師アスクレピオスに依頼してオリオンの復活を目論むも、「余人が我が領域を侵すことは許さん」と、冥界の王である伯父 ハーデス に断られ、ゼウスもハーデスの叱責を支持した為これを断念。せめてもの代償としてゼウスにオリオンを 星座 にしてもらうよう懇願し、その星座が冬の星座の代表格である オリオン座 となった。 なお、この件でアルテミスが処女神としての立場を失ったという話は伝わっていないので、そういう関係にまでは至っていない模様。プラトニックなお付き合いだったようである。ちなみにこの際、間接的とはいえアポロンにオリオンを殺されたことに関し、彼女は特にアポロンに対して特には怒っていない。母親の胎内にいる頃からの仲だからだろうか、それとも彼女も隠れブラコンなのだろうか。.

Eros Cupid. [4]. 19 .

関連語をあわせて調べる

小アジアにおける キュベレー などの大地母神信仰と混交して、独特なアルテミス崇拝が存在していたと想定されている。それは植物の豊穣や多産を管掌する地母神としてのアルテミス崇拝であった。この信仰は、古代ギリシアの森や山野の処女神アルテミスのイメージ・原像とは異なっている。また、出産の女神でもあったアルテミスの原像ともかなり異なっている。. 父 クロノス が率いるティタン神族との戦いに勝ち、神々の王となる。最高神、雷神、絶倫万能の神で、妻ヘラの目を盗んで浮気を繰り返した。 ゼウスが愛した女性たち との間には、多くの子供が産まれた。. ルイ・タヴィドゥー Louis Devedeux 『森にあるニンフたちによって囲まれたアルテミス』(19世紀頃) 個人蔵. 嘘つき、泥棒の神様。神々の伝令役。ゼウスの忠実な部下で、 アルゴス の暗殺など多くの密命を果たしている。  ゼウスと マイア の子供。羽根の生えた空を飛べる靴をはき、神々の使者として世界を駆ける伝令神。旅人の安全を守る役目もある。   ペルセウス のメドウサ退治にも協力した。.

知っておきたい:

コメント

コメントを追加

サイトに公開する前に、あなたのコメントがモデレートのために送信されます。

© 2020 airbox-music.com | 利用規約 | 連絡先 |